アルピーヌF1 「ポルシェとアウディの待遇は既存メーカーと同じにすべき」
アルピーヌF1のCEOを務めるローラン・ロッシは、フォルクスワーゲン・グループのF1参入を歓迎しているが、ニューカーカマーには既存のメーカーに公平な待遇を与えるべきだと強調する。

最近、フォルクスワーゲン・グループは、2026年に導入するされる新しいエンジン形式が最終確認が行われるのを待って、ポルシェとアウディのF1参入を決定することを発表した。

新しいパワーユニットの予算上限には、ニューカマーが今後3年間でF1エンジンを開発する際に、参入を促進するための追加のマージンが含まれるように設定されている。

ポルシェとアウディは独立したプロジェクトを実行することが期待されており、ポルシェはレッドブル・パワートレインズと共同でエンジンを開発し、アウディはドイツのアウディ・スポーツの拠点で運用するとされている。

既存F1エンジンメーカーは、2つのブランド間のコラボレーションが、予算上限額からより多くの利益を得るのに役立つ可能性があると懸念している。

ホンダからレッドブルを経由してポルシェに知的財産権が持ち越される可能性についても疑問符があり、ポルシェがニューカマーであるという主張に疑問を投げかける可能性がある。

ローラン・ロッシは、フォルクスワーゲンのブランドの登場は理論的にはポジティブだが、それが長期的に参戦しているサプライヤーに不利益をもたらさない場合に限ると語る。

ポルシェとアウディのF1参入の見通しについて「素晴らしいことだと思う。スポーツにとって良いことだと思う」とローランス・ロッシはコメント。

「しかし、実際には、いくつかのことに注意を払う必要がある。2つの別々のチームが、2つの別々のチームであることを確認する必要がある」

「彼らがチームとしてアリーナに入る場合、彼らはチームで働いているのか、それはポルシェから来ているのか、アウディから来ているのか、レッドブルから来ているのか、ホンダから来ているのかを確認する必要がある。彼らは特別な扱いを受けていないか? 基本的にそれでスポーツは良くなるの? それとも悪くなるのあk?」

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフとスクーデリア・フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットも同様の見解を共有しているおり、懸念を抱いているメーカーはアルピーヌだけではない。

「突然、ニューカマーが有利になれば、突然、既存メーカーは間違って解釈する」とローランン・ロッシは語った。

「そして、ここのほとんどのチームにとっても同じ懸念だと思うが、特にワークスチームとしての我々にとっては、過去20年間、40年間、ルノーのPUに文字通り数十億ドルを投資してきた」

「誰かが入って来て、彼らがレッドカーペットを広げたという理由だけでライオンのシェアを獲得するようなものだ。それは基本的に我々のビジネスモデルを混乱させ、多くの仕事を危険に晒す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / フォルクスワーゲン / アウディ / ポルシェ