アルピーヌF1、オトマー・サフナウアーがBWTを持ち込んでピンク色に?
元アストンマーティンF1のチーム代表であるオトマー・サフナウアーが、アルピーヌF1にBWTを持ち込み、2022年F1マシン『A522』はピンクのカラーリングが追加されると伝えられている。

アルピーヌF1とアストンマーティンF1はどちらもオフシーズンに体制に変化があった。アストンマーティンF1は、マーティン・ウィットマーシュが新たにCEOとして加入したときから噂されていた通り、オトマー・サフナウアーがチーム代表の役割を退任。元BMWのモータースポーツ責任者のマイク・クラックが後任として加入した。

アルピーヌF1の体制変更はさらに不安定であり、アラン・プロストが非常勤取締役の役割の延長を断り、その情報がリークされたことで、CEOであるローラン・ロッシを批判している。

アラン・プロストは、ローラン・ロッシには「多くの人々を脇に追いやりたいという願望」があるとい、「すべてのスポットライトを浴びたいと思っている」と語った。

マルチン・ブコウスキーもエグゼクティブディレクターを退任してアルピーヌF1を去った。MARCAの報道によると、オトマー・サフナウアーはブコウスキーの役割につくと噂されている。

さらに、伝えられるところによると、オトマー・サフナウアーは、オーストリアの水処理会社BWTをスポンサーとしてアルピーヌF1に連れていくとされている。BWTとはフォース・インディア、レーシング・ポイント、アストンマーチティンを通して協力してきました。

BMTは、フォース・インディアとレーシング・ポイント時代にタイトルスポイントを務め、同社のスポンサードの特徴であるピンクのカラーリングにマシンは変更された。チームがアストンマーティンF1にブランド変更した昨年、タイトルスポンサーはコグニザントに変更となり、BWTはスポンサーを継続したが、ピンクの差し色のみに留まり、不満を述べていた。

AUTO Hebdoの最新版は、ピンクがアルピーヌF1に加わるとの話を裏付け、2022年のアルピーヌF1マシン『A522』のモックアップ画像を表紙に採用。トリコロールの赤の部分だったリアをBWTのピンク色に支配されたカラーリングを掲載した。

2021年シーズンは、親会社のルノーからネーミングライツを引き継ぐチームのブランド変更に続いて、F1でのアルピーヌの最初のシーズンだった。

フェラーリとマクラーレンはミッドフィールドの最前線で快適にシーズンを終えたが、アルピーヌF1は、ミッドフィールドでアルファタウリ・ホンダと争い、コンストラクターズチャンピオンシップを終えた。エステバン・オコンがF1ハンガリーGPでアルピーヌF1に初勝利をもたらし、フェルナンド・アロンソはF1カタールGPで3位表彰台を獲得した。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ