アルピーヌF1首脳 「アロンソの表彰台は最後まで分からなかった」 F1カタールGP
アルピーヌFのエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、F1カタールGPでフェルナンド・アロンソの1ストップ戦略を成功させて表彰台を確保できるかどうかは最後の数コーナーまで分からなかったと語る。

初開催となったF1カタールGPは、ロサイル・インターナショナル・サーキットの高速コーナーとアグレッシブな縁石の組み合わせにより、ピレリのF1タイヤにとって大きな課題であることが証明された。

決勝では、メルセデスのバルテリ・ボッタス、マクラーレンのランド・ノリス、ウィリアムズのジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィが、ピレリが“限界”と考えていた1ストップ戦略を試みものの、左フロントタイヤのパンクに見舞われた。

レース後、ピレリはこの4件がタイヤ故障が「長いスティントに伴う高い摩耗と、アグレッシブな縁石への高速での接触によって発生した可能性がある」とし、調査を開始していくとしている。

アルピーヌF1の常務取締役マルチン・ブコウスキーは、フェルナンド・アロンソの左フロントタイヤも高度な劣化に見舞われており、最後まで持つかどうかについても懸念していたことを認める。

フェルナンド・アロンソとチームメイトのエステバン・オコンは、1ストップ戦略を選択。夏休み前のF1ハンガリーGPで優勝して以来、アルピーヌF1の最高の結果となる3位と5位でフィニッシュした。

アルピーヌF1は、ドライバーが1ストッパーにコメットした後は、もう後戻りできないことを認識しており、早い段階で縁石から離れてタイヤをマネジメントするよう指示を出していた。

しかし、その慎重なアプローチは、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンを、2ストッパーのセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)からの脅威にさらすことになった。ペレスなんとかオコンをパスし、5秒遅れてアロンソへの追撃を開始。2.8秒差の4位でフィニッシュした。

「全員が最後の数周まであのタイヤを長持ちさせるために本当に一生懸命働いた。精神的に疲れたのは確かだ」とマルチン・ブコウスキーは語った。

「ストップしても何も得られないことはわかっていた。かなり早い段階でこれらのタイヤをマネジメントしたが、縁石を避けることが重要であることも理解し、ドライバーにそうするように指示した」

「最後のラップで、メカニックたちがグリッド上をジャンプしているのを見たが 『いや、いや、いや、あと少しコーナーが残っている』と私は思っていた。正直、成功するかどうかは数コーナーの問題だった」

マルチン・ブコウスキーは、問題なのは左フロントタイヤだけであり、安全性の観点からは心配していなかったと付け加えた。

「安全上の懸念はなかった。フロントタイヤに穴を開いても、フロントエンドを失ってスライドするだけだ」とマルチン・ブコウスキーは説明した。

「リアタイヤを失うと、スピンしてコースから外れる可能性があるため、リアタイヤは少し異なる」

「我々は誰も危険にさらしていないと確信していた。もちろん、自分たちのレースとポイントを危険にさらしていたがね」

2014年以来となる表彰台を獲得したフェルナンド・アロンソは、コックピットからパンクの可能性については考えていなかったし、まだ少し余裕があると思ったと語った。

「分からないけど、僕たちにとってそれほど悪い状態ではなかったと思う」とフェルナンド・アロンソは語った。

「僕たちのマシンはタイヤに優しいようだ。先週ブラジルでもワンストップを行った。もう少しプッシュし続ける余裕はあったと思う。決して何が起こるかは分からないけどね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / フェルナンド・アロンソ