アルピーヌ、F1ドライバーの育成プログラムに抱えるジレンマ
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、育成ドライバーをF1ドライバーにするためには妥協点を見つけなければならないと語る。

アルピーヌF1は、2016年にルノーとしてF1に復帰して以降、若手ドライバーの育成プログラムを実行していたが、フルタイムのF1ドライバーはまだ輩出できていない。

現在、アルピーヌF1のシートは、フェルナンド・アロンソが2022年、エステバン・オコンが2024年まで契約を結んでおり、若いドライバーのための選択肢は制限されている。

また、アルピーヌF1は、現在のF1グリッドでライバルチームとパワーユニット供給で提携していない唯一のF1チームとなっている。

アルピーヌF1のアカデミーの所属するオスカー・ピアストリと周冠宇は、現在、FIA-F2でランキング1位と2位を保持している。

アルファロメオは、2022年のF1シートに空席を持つグリッド上の唯一のチームであり、中国のスポンサーパッケージを用意している周冠宇がフロントランナーだとされている。

「我々には何年もの間アカデミーがあり、多くのドライバーを育成してきました」とマルチン・ブコウスキーは語った。

「現在、F1直下のカテゴリーでドライバーが成功していることは、我々のアカデミーが優れたドライバーの育成に長けていることを示している」

「残念ながら、この言葉を使うと、同時に成熟しつつあり、我々はパフォーマンスを発揮している優れたドライバーが多すぎるために問題が発生する」

「アカデミーの成功はその成果によっても判断される。もし、アカデミーがF1にドライバーを輩出できなければ、ドライバーをサポートするために時間とお金を浪費していることになる。したがって、ある意味で成功したアカデミーを運営するということは、彼らをF1に導くことだ」

「一方、アルピーヌで起用する次のドライバーを開発するために自分たちでこれを行っているが、現時点では空席がない」

「我々は、長年にわたって育成を支援してきたドライバーの邪魔をしたくはない」

「同様に、ドライバーのプールからドライバーを完全に失いたくはないので、そこが到達しなければならない妥協点だ。しかし、それは我々が運営しているアカデミーが成功していることを示しているだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ