アルピーヌF1 「曲がるリアウイングは空力目的よりも軽量化の結果」
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、リアウイングのたわみ、もしくはフレキシビリティは、空力のアドバンテージを得るよりも軽量化に重点を置いていると考えている。

いわゆる“曲がるウイング”をめぐる議論はここ数週間激化しており、特にメルセデスF1は、レッドブル・ホンダが高速で“曲がる”リアウイングで直線スピードを増加させてアドバンテージを得たと非難している。


メルセデスF1のチーム校長トト・ヴォルフとレッドブル・ホンダF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、と、ここ数週間で、舌戦を繰り返し、ヴォルフはホーナーを「おしゃべりな男」だと非難し、ホーナーはメルセデスのフロントウイング自体が違法だとやり返している。

上位2チームが彼らのマシンに想定される違法性について口論している間、アルピーヌF1のマルティン・ブコウスキーはウイングのコンストラクションは完全に別の用途のためであると考えている。

「ウイングのたわみは、ほとんどが軽量化につながっている」とマルティン・ブコウスキーはバクーで記者団に語った。

「我々は皆、特にマシンの後部で重量制限と戦っている。マシンをできるだけ軽くし、重心を確保するためにできるだけ多くのバラストを下部に配置するだけでなく、マシンの前部、フロアの正面により多くのバラストを走らせることは重量配分にインセンティブがある」

「マシンで重量を稼ぐ最悪の場所はリアウイングだ。リアウイングは高く、マシンの後ろにあるからだ」

「したがって、そこは我々が軽量化のために最も懸命にプッシュしているエリアの1つだ。そして、重量を節約すると、少し軽量で耐荷重性の低いマシンになる」

F1チームがコース外での論争の結果、F1フランスGPでウイングの剛性に対する新しいテストが導入される。これにより曲がることができる量が制限される。結果としてドラッグが増加し、トップスピードが低下する可能性がある。

これは一部のマシンに大きな変化をもたらす可能性があるにもかかわらず、マルティン・ブコウスキーは、ポール・リカールでの序列が揺らぐことになるとは考えていない。

「我々はそれに適応する」とマルティン・ブコウスキーは語った。

「それは少しのパフォーマンスが犠牲になるし、重量、重心、重量配分がいくらか犠牲になるのは確かだ。また、それに関連するドラッグの節約があった場合、空力パフォーマンスが少し低下する可能性がある。しかし、それは結局のところ非常に小さいだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ