フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、ヨーロッパGPのレーススチュワードを非難。レースが操られたと怒りを露わにした。

フェルナンド・アロンソは、マーク・ウェバーのクラッシュによるセーフティカーで大きく順位を落とし、9位でフィニッシュした。

アロンソは、それまでハミルトンの後ろで3番手を走行していた。しかし、ハミルトンはセーフティカーを追い越し、ドライブスルーペナルティを受けたが、2位を保持した。

「残念だよ。これはレースだけど、操られたレースを見るためにここに来たファンを除けば、僕たちのものではなかった」

「スタートのあと3番手で順調に走行していた。そのあと、僕たちにとってあまり有利ではないセーフティカーが入ったけど、ハミルトンはセーフティカーをオーバーテイクした。イエローフラッグ中にメディカルカーをオーバーテイクするなんて見たことない。僕たちはお互いに1メートルも離れていなかったのに、彼は2位でフィニッシュして、僕は9位だった」

「今回のレースは2位でフィニッシュできた。そのあと、セーフティカーによって、僕は自分がフィニッシュした9位でフィニッシュし、ハミルトンは8位だったと思う。でも、ここでは、普通にルールを尊重して9位になり、尊重しなかったドライバーが2位でフィッシュした」

アロンソは、全てが彼とフェラーリにとって不利に進んだと考えている。

「理解するのがとても難しかったに違いない」とスチュワードがハミルトンにペナルティを科すまでの時間についてアロンソは語る。

「彼がどのようにメディカルカーをオーバーテイクしたかリプレイを観るのに多くのラップをかけたんだろう」

「でも、そういうやり方だ。残念ながら、全てが僕たちにとって不利に進んだし、彼らは全てを許可しているようだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / フェラーリ