フェルナンド・アロンソが無地のアストンマーティンF1を走らせた理由
フェルナンド・アロンソは、2022年F1アブダビテストでのアストンマーティンF1との初走行を完全にノーブランドで走行を行わなければならなかった。

F1のポストシーズンテストは、現在のシーズンの締めくくりと、来年のプレビューを提供するという点で独特の二重の効果がある。特にドライバーがチームを移籍する場合は、新しい車、カラーで登場するときには特に楽しさが増す。

フェルナンド・アロンソは、極端な方法でそれを行った。アストンマーティンは完全にノーブランドで彼を走らせなければならなかった。

2006年シーズン後にフェルナンド・アロンソがマクラーレンでの初テストを行ったときにもそれは目られたが、非常にまれな光景だ。

今年初めにハースF1チームが車のカラーリングを取り除いたが、まったく異なる理由だった。バルセロナのテストの最終日にウラルカリのスポンサーシップを削除した。

しかし、ハースの決定とは異なり、フェルナンド・アロンソのAMR22は、初期のチームの移籍に関するルールがいかに風変わりであるかによるものだった。

フェルナンド・アロンソは、2023年に正式にチームに加わる前に、火曜日のアブダビテストの最初の5時間でアストンマーティンの2022年マシンを運転した。そして、アロンソがコースに登場して誰もが最初に気付いたのは、AMR22が純粋にベースの配色で表示され、スポンサーのロゴや、通常ノーズ先端を飾る小さなユニオンジャックさえも表示されていないことだった。

車には小さなピレリのステッカーとアストンマーティンのバッジ、そして、フェルナンド・アロンソのカーナンバーが表示されただけで、アロンソ自身は黒いレーススーツとニュートラルなクラッシュヘルメットのデザインを身に着けていた。

これは、フェルナンド・アロンソがアストンマーティンで運転することは許可されているが、アルピーヌF1チームとの契約がまだ残っているため、競合するブランドやそのスポンサーを宣伝することは許可されていないためだ。

車の発売とプレシーズンテストに先立って、アストンマーティンの車にフェルナンド・アロンソが乗る写真が出回ることはマーケティングの良い後押しになることを考えると、ブランドにとって残念なことだ。

アストンマーティンのアンバサダーであり、フェルナンド・アロンソの長年の友人であるペドロ・デ・ラ・ロサは「良い視点だ」と語る。

「残念ながらその通りだ。だが、今後数年間でフェルナンドの写真はたくさん出てくる。フルブランドの車であることを願いたいね!」

「それがどうであれ、フェルナンドがクルマに乗っていることは本当に良いことだと思う。それは彼にとってもチームにとっても良いことであり、彼と一緒に仕事をする人が誰であるかを知り、チームが彼が将来求めるかもしれないことに今日取り組み始めることは素晴らしいことだ」

「したがって、全体として、これはウィンウィンの状況だと思う。そして、最終的にブランドの車を手に入れたとき、それは大きな驚きになると確信している」

ペドロ・デ・ラ・ロサの主張:スポンサーを代表してアロンソを誇示することができないことは、2023年に有利なスタートを切るための小さな代償。

それにもかかわらず、車全体のステッカーを剥がさなければならないことは、実際には非常に極端な現れなことだ。

ドライバーは、別のチームのためにテストするために早期にリリースされるためには特定の条件を守らなければならない.そして、まさに今回のテストで通常のバリエーションが見られた。

皮肉なことに、アルピーヌF1からの離脱がいかに辛辣だったかを考えると、最もクリーンな登場はマクラーレンのオスカー・ピアストリだった。彼は現在、マクラーレンと完全に契約しているため、2022年のMCL36で走る最初の公式日に向けて、チームギアで完全に装備することができた。

他のドライバーは、まったく同じ自由を持っていなかったか、単に装備が不足していた。

ハースF1チームでは、ニコ・ヒュルケンベルグはアストンマーティンのリザーブドライバーとしての任務からリリースされて、チームのレーススーツを着用していましたが、無地の白いクラッシュヘルメットのみを着用して運転していた。

ニック・デ・フリースは、まだ正式にメルセデスのドライバーであるため、プレーンなレーススーツを着てアルファタウリでデビューした。彼は一日の終わりにメディアに対応することもなかった。

ピエール・ガスリーがヘルメットにアルピーヌのスポンサーステッカーを貼っていたにもかかわらず、無地のオーバーオールを着ていた。その答えは・・・不明だ。その後、ピエール・ガスリーは、レッドブルとアルファタウリとの最終的な契約を除けば、基本的にアルピーヌのドライバーであると語っており、明確な説明はなかった。

フェルナンド・アロンソ アストンマーティンF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アストンマーティン