フェルナンド・アロンソ 「アストンマーティンF1移籍の満足度は100%以上」
フェルナンド・アロンソは、2022年F1アブダビテストでのチームとの最初のテスト日の後、アストンマーティンに移籍するという決定に 100% 以上満足していると語る。

アルピーヌF1チームを正式に離れる前にチームからアストンマーティンとのテストに参加することを許可されたフェルナンド・アロンソは、ヤス・マリーナでのテストに向けて、通常のスポンサーロゴがない無地のヘルメットとノーブランドのオーバーオールを着用して、無地のグリーンのマシンを運転した。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナド・アロンソは、朝から5時間の走行を担当して97周を走り、1分26秒312の最速タイムをマーク。ランス・ストロールと交代するその時点でタイムシートでは3番手にいた。

「いい感じだった!とてもいい経験だった。このような象徴的なブランドで運転できることを光栄に思う」と走行を終えたフェルナンド・アロンソは語った。

「初めてクルマに乗って、(アルピーヌとアストンマーティンの)違いを感じようとしたし、とても特別な日だった。もちろん、2日前にここでレースをしたので、とても新鮮でとても役に立つ」

「アストンマーティンと契約したとき、僕は90%満足していた」

「彼らが改善し始め、最高の状態でシーズンを終えたとき、僕の満足度は100%だった。今は100以上だ」

ピレリのタイヤテストに加えて、フェルナンド・アロンソのプログラムは、現在のアストンマーティンのマシンに慣れ、システム内の問題点を特定することに主に集中していた。

「まずシートだ。左側が少し痛い」とフェルナンド・アロンソはその日の学習について語った。

「もちろん、97周を1日の朝に圧縮したので、非常に極端だった。じっくりと座って、僕が感じたすべてのことを頭の中で考えなければならない」

「小さなこともあるけおd、それらのほとんどは快適さに関するものであり、実際にはバランスやクルマの挙動ではない」

「ギアのシフトダウン、ピットレーン、ダッシュ、メッセージ、変更を行うとき、メッセージがダッシュボードに表示されるまでにかかる時間などだ」。

「1つのセットアップに慣れているので、物事をより自然な方法で見られるように調整しようとしている。そのため、これらの種類のものが現在優先されている」

テストに向けて、アストンマーチンのステアリングシステムはフェルナンド・アロンソの懸念事項だったが、100周近くを走りこんで41歳の彼はうれしい驚きを覚えた。

「ステアリングのフィードバックに懸念がありました」とフェルナンド・アロンソは語った。

「アルピーヌの最初の年には、ステアリングのアシストやフィードバックについて、5か月近くにわたって多くの作業を行う必要があった」

「だから、ここ数週間いくつかの懸念について話し合っていた。でも、アストンのシステムに問題がなく、変更する必要がないと感じたのはうれしい驚きだった」

フェルナンド・アロンソの走行後、ランス・ストロールが車に乗り込んだ。チームに2シーズンいることを踏まえ、ストロールの走行はアロンソのインプットを検証するために設計された.

「可能な限り多くの周回を縮めようとするプログラムで、ランスは、ステアリングのフィーリングなどに関して、僕が必要としていたいくつかの変更を感じていた」とフェルナンド・アロンソは説明した。

「だから、ランスがクルマに乗って、彼もそれにメリットを感じているかどうか、そして、来年も同様の設定を実行できるかどうかを確認するのは良いことだ」

フェルナンド・アロンソ アストンマーティンF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アストンマーティン