F1移籍市場:フェルナンド・アロンソがメルセデスF1エンジンで走る意味
フェルナンド・アロンソが2023年にアストンマーティンF1に移籍し、メルセデスのF1エンジンを搭載することには大きな意味があるとSky Sports F1のテッド・クラヴィッツは考察。ルイス・ハミルトンがF1引退を決した際のバックアップ要因とさえ考えている。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2023年からアストンマーティンF1との複数年契約にサインした。このニュースは、F1パドックに衝撃を与え、ドライバー市場で劇的な連鎖反応を引き起こした。

フェルナンド・アロンソが、アストンマーティンF1に移籍するという決定はアルピーヌF1チームを驚かせ、チーム代表のオトマー・サフナウアーは月曜日の朝に公式プレスリリースを読んで初めてそのニュースを知ったと認めている。

41歳のフェルナンド・アロンソが、アルピーヌF1チームを離れたのは契約上の問題が原因で、アルピーヌはアロンソが望んでいた複数年契約を提供する気がなかった。

今週、アルピーヌF1チームが、オスカー・ピアストリを2023年のフェルナンド・アロンソの後任に指名したとき、さらなるドラマが続いた。ピアストリは、チームとの契約にサインしたことを否定している。

先週末のハンガリーGPに続いてSky Sports F1のコラムでアロンソの爆弾スイッチについて議論したテッド・クラヴィッツは、この動きはメルセデスF1チームがアロンソを監視し続けるのに役立つだろうと語った。

「それはフェルナンドをメルセデスのエンジンファミリーと再統合することでもあり、これは興味深いアングルだと思う」とテッド・クラヴィッツは書いた。

「フェルナンドは、15年前にマクラーレンを初めて離れて以来、メルセデスからエンジンを供給されていない。したがって、これには トト・ヴォルフからの承認が必要であり、それが得られたのは明らかだ」

2007年、メルセデスのエンジンを使用してたマクラレーンは、フェラーリの機密情報を使用して選手権から除外され、1億ドルの罰金を科せられた“スパイゲート”事件において、フェルナンド・アロンソは、情報の使用とその存在のFIAへの開示の両方に関与した。

以前、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フェルナンド・アロンソのメルセデスとの"歴史”が、メルセデスがアロンソの起用を検討しない理由のひとつであることをほのめかしていた。

「彼がどんな人だったかを見れば、メルセデスがフェルナンドをファミリーに戻したいと思ったことを考えるのは馬鹿げているだろうか?」とテッド・クラビッツは続ける。

「ルイスが何らかの理由で彼が去ることを決定し、ジョージと並んでワールドチャンピオンが必要になった場合、メルセデスがフェルナンドが41歳であっても、どんな感じかについて少しの可視性を持っていれば、それは世界の終わりではないだろう」

「ありそうもないことだと思っているかもしれないが、この発表が証明するように、F1ではどんなことでも可能だ!」

現在、アルピーヌF1チームの方がミッドフィールドのライバルよりも競争力があることを考えると、フェルナンド・アロンソの動きはF1内で驚きだった。

アルピーヌF1チームは現在、コンストラクターズチャンピオンシップで4位を維持しているが、アストンマーティンF1は困難なシーズンの中で9位に後退している。

アストンマーティンF1は将来に向けて大きな野望を抱いており、今後数年間で勝利とワールドを目指して戦うために多額の投資を行っている。

しかし、現時点では、この動きは明らかに後退しているように見える。

「フェルナンド・アロンソが今後3年間で顕著な改善に賭けているのは、 かなり標準的なキャリア行動だ」とテッド・クラヴィッツは語った。

「しかし、全体について少し当惑していると思うもう1つのことは、アストンマーティンF1がレースに勝ってチャンピオンシップに挑戦できるようになるまで、せいぜい3年かかるだろうということだ。その時点で、フェルナンドは44歳になるだろう」

「彼はフィドルのようにフィットしており、かつてないほどF1に夢中になっている。休憩は彼をリフレッシュさせ、セバスチャン・ベッテルのように勢いを失っていない。しかし、本当にそうか? それは、アルピーヌが決してそこに到達することはないことを示唆しているのだろうか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / メルセデス / アストンマーティン