アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「タイムリーに2023年F1マシンにリソースを移行する必要がある」
フェルナンド・アロンソは、2022年F1マシンの開発をシーズン後半まで引き延ばすことで、2023年F1マシンを妥協するようなことがないようアルピーヌF1チームに警告した。

今年、アルピーヌF1チームはパフォーマンスを向上させ、ミッドフィールのライバルであるマクラーレンに挑戦し、F1コンストラクターズランキングでトップ4を狙える位置にいる。

アルピーヌF1チームのホームレースであるF1フランスフランプリに向けて両チームは81ポイントで並んでおり、6位のアルファロメオには30ポイント差をつけている。

それでも、フェルナンド・アロンソは、アルパインF1チームには、A522の開発をシーズン後半まで延長する余裕はない警告。チームにはたとえばメルセデスF1とは異なり、並行して開発プログラムを実行する手段がないと主張する。

「僕たちにとってそれほど簡単なことではないと思う」とフェルナンド・アロンソは語った。

「彼ら(メルセデス)は巨大な組織を持っており、遅かれ早かれ戻ってくることを僕たちは知っていた。僕たちにとって、彼らと同じくらい改善しようとすると、それは中長期的なプログラムになる」

「だから、僕たちにとっては、次のプロジェクトを妥協しないように、来年の車をすぐに始動することが重要だと思う」

「ビッグチームは、来年の車をスタートさせると同時に、並行して今年のクルマを改良し続けることができる。他のチームにとって、それはもっと難しいことだ」

アルピーヌF1チームでの開発は、今後予算制限に従うが、それでもフェルナンド・アロンソはチームが低速コーナーでの車の挙動を改善できることを望んでいる。これはA522の比較的弱い部分だ。

「僕たちはいくつかのコーナーで少し落ち込んでいると思う」とフェルナンド・アロンソは語った。

「現時点では、低速コーナーは僕たちの強みではないと思う」

「バクーは低速コーナーが多く、非常に強い車もあった。アルファタウリは5位で終え、アストンマーティンも非常に強かった。そのため、一部のトラックでは、こうした種類のチームが再び生き返る可能性がある:

「必要なのは少しずつすべてだ。僕たちが解決しなければならない車の弱点はないと思うが、どこでも改善すべき領域はある」

フェルナンド・アロンソ アルピーヌF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ