フェルナンド・アロンソ、5秒加算ペナルティで9位に降格 / F1カナダGP
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝でのディフェンス中に複数回の方向転換を行ったとして、レース後に5秒のタイムペナルティを受け、7位から9位に降格した。

フェルナンド・アロンソは、F1カナダグランプリのレース終盤、最終シケインに向かうバックストレートでバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)に対してポジションを守る動きをとった。

フェルナンド・アロンソは、左右に小さく方向転換し、バルテリ・ボッタスは抜くことができたなかった。

フェルナンド・アロンソは、彼の行動を説明するためにスチュワードに呼ばれた。FIA(国際自動車連盟)は、アロンソはウィービングを行ったと判断して5秒のタイムペナルティを科し、アロンソは7位から9位に降格することになった。また、スーパーライセンスに対して1点のペナルティポイントも課された。

「レースの最後から2周目に、14号車(アロンソ)は77号車(ボッタス)に対して防御するために方向を繰り返し変えた。77号車がある時点でリフトしなければならず、一時的に勢いを失った」

「どの段階でも77号車が14号車に並んだことはなかったというドライバーの指摘を尊重しつつも、スチュワードは、これはレギュレーションの明らかな違反であると考えた。したがって、スチュワードは、2022年のオーストラリアでの同様の事件に課したものと一致する5秒の時間ペナルティを課す」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1カナダGP / アルピーヌ