フェルナンド・アロンソ、F1マイアミGPの罰則を批判「無能なスチュワード」
アルピーヌF1チームのフェルナンド・アロンソは、彼のポイントを犠牲にしたペナルティを科した、F1マイアミGPのスチュワードを「あまり専門的ではない」と批判した。

フェルナンド・アロンソは、F1マイアミGPを9位で終えたが、レース後、シケインをカットしてアドバンテージを得たと判断されて5秒ペナルティを科せられ、トップ10圏外に降格した。

アルピーヌF1は、フェルナンド・アロンソがトラックをカットすることで得たタイムを事実上に放棄するためにバックストレートでリフトオフしていたと主張した。

今週末のF1スペインGPに先立ち、フェルナンド・アロンソはF1マイアミGPの状況について語り、制裁措置を「非常に不公平」と表現し、「無能なスチュワード」と批判した。

「彼らはマイアミではあまり専門的ではなかったと思う」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「1つのコーナーを逃した後、ラップでタイムを返したけど、そのコーナーの直後にセクタータイムが計測された。そのため、タイミング画面でピンク色が表示され、証拠を求めずに決定された」

「レース後、僕たちはすべての証拠とタイムを持って行った。彼らはちょうど荷造りしていた。彼らは部屋にさえいなかった」

「僕たちはそこに行って、すべてのデータを見せた。彼らは僕たちに5分を与えると言った。おそらく、彼らはすでにペナルティを発行していて、その文書から戻る方法を知らなかったので、手を縛られていることに気づいたんだと思う」

「とても酷かった。正直、それはすでに過去のことだけど、F1が現在持っているプロフェッショナリズムと基準を考えれば、F1では起こらないはずのことだ」

フェルナンド・アロンソは、「2022年にすでに多くのことを改善する必要があることを証明するいくつかのことを見た」とし、「レースディレクターになる前、またはレースを監視しようとする前に、レースについてある程度の知識が必要だ」と概説した。

「現時点では知識が整っているとは思えない」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「ここに新しいレースディレクターがいることを知っている。(エドゥアルド)フレイタスはトップレベルでWECや他のカテゴリーでより多くの経験を積んでいると思うし、それはすでに物事を改善すると思う。

「マイアミでの、カルロス(サインツ)、エステバン(オコン)の事故は、僕たちはそこにいくつかのバリアとタイヤまたはテクプロを置くようにプッシュした。そして、ご存じの通り…誰も何もしなかった。レースについての知識がないと話すのは難しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ / F1マイアミGP