フェルナンド・アロンソ 「2022年F1マシンは運転が難しくなるとは思わない」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2022年F1マシンが以前の世代のマシンと比較して運転するのが難しくなることはないと考えている。

F1は、マシン同士がより接近戦ができるようにするために新レギュレーションでコンセプトを一新。F1マシンの基本設計は、空力に依存する哲学からグラウンドエフェクトカーに移行し、F1チームは勢力図を変える大きなチャンスだと捉えられている。

2000年代半ばにルノーF1と2回のF1ワールドチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソは、新車の準備がこれまでと比べて難しいということはないと考えている。

「正直なところ、それが変わるとは思わない」とフェルナンド・アロンソはFormula1.comに言った。

「僕たちマシンのパフォーマンスとシミュレーターでの作業、冬季テストでの作業により依存すると思う。そして、最終的には3~4レース後、マシンとレギュレーションを攻略していると思う。そこからは結果を左右するのはマシンのパフォーマンスだけだ」

新車のドライバビリティに関して、フェルナンド・アロンソは、F1ドライバーはドライビングスタイルを少し調整する必要があると考えている。新しいのはドライバーではなく、マシンなのでそれを行うにはチームと本格的に仕事をするようになったときに詳細により注意する必要があると語る。

「適応に関しては、それが大きな違いになるとは思わない。それは、シミュレーターでもう少し時間を費やして、チームと協力する必要があるため、他の冬よりも少しのハードワークをしなければならないだけだ」

新しいシーズンに向けた彼自身の準備に関して、フェルナンド・アロンソは「満足度としてもっとやれることはあるし、それがこの冬の計画だ。できる限り強くなりたいと思っている」とコメント。

「トレーニングしなければならないことは分かっているし、他のドライバーよりもやらなければならないだろう。彼らより年上だからね」

「当然だけど、もう40歳になったし、23歳のときと同じというわけにはいかない」

「もっとトレーニングしなければらない。もっとストレッチしなければならない。異なる食事ルーチでなければならない。同じフォーム、同じ強さであるために他の多くのことをしなければならない。僕はそれをする準備ができている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ