フェルナンド・アロンソ、接触したミック・シューマッハに謝罪 / F1トルコGP 決勝
フェルナンド・アロンソは、ミック・シューマッハにF1トルコGPの序盤にヒットしたことを謝罪した。

ウェットコンディションとなったF1トルコGP。フェルナンド・ピエール・ガスリーにヒットされてスピン。バックマーカーまで順位を落としたアロンソは、ミック・シューマッハと接触してスピンさせた。

スチュワードは、フェルナンド・アロンソに5秒加算ペナルティを適用し、さらにレース後に2ポイントのペナルティポイントを科した。

「今日は非常にトリッキーなコンディションで、非常に滑りやすかった。残念ながら、2回の衝突があり、それがレースにダメージを与えた」とフェルナンド・アロンソは語った。

「ピエール(ガスリー)は、コーナーに向けてサンドイッチの中にいて、僕のマシンのリアにぶつかった。そして、ターン4でぶつかってしまったミック(シューマッハ)には申し訳なく思う。オーバーテイクしに行ったけど、ウエットコンディションで周りのみんなを見るのは非常に困難だった」

「今日は運が悪かったし、素晴らしいスタートポジションを生かすことができなかったのは残念だ。それでも、僕たちはチームとして今日もポイントを獲得しているし、運が変わることを願ってオースティンに向かう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1トルコGP / アルピーヌ