アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「僕たちと戦うことはフェラーリにとって悪いニュース」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のコンストラクターズ選手権でフェラーリと戦うことになるとは思っていないが、そうなった場合、フェラーリF1にとっては“悪いニュース”になるだろうと語る。

2回のF1ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソにとって、復帰戦のハイライトのひとつは、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)とカルロス・サインツ(フェラーリ)との三つ巴のバトルだった。

最終的にフェルナンド・アロンソは、サンドイッチの包み紙がリアブレーキダクトに挟まったことが原因でリタイアを喫している。

控えめなスタートを切った新生アルピーヌF1の勢力図におけるポジションを特定するのはまだ少し難しいが、フェルナンド・アロンソは、定期的にフェラーリF1と戦うことになるとは思っておらず、コンストラクターズ争いでフェラーリF1が直接のライバルになるとは見なしていない。

「今年のフェラーリは、そのリソースと歴史のおかげで一歩前進すると思う」とフェルナンド・アロンソは Sky Sports Italia に語った。

「僕たちが彼らと戦うことになるとは思わない。もしそうなら、それは彼らにとって悪いニュースになるだろう」

また、後輩ドライバーのカルロス・サインツのフェラーリのF1ドライバーとしてのスタートについて質問されたフェルナンド・アロンソは、フェラーリの強さについて言及した。

「彼のことを本当に嬉しく思っているけど、ここ数年で彼の成長を見ていたので、驚くことではない」とフェルナンド・アロンソは付け加えました。

「フェラーリは、カルロス(サインツ)とルクレールという強力なラインナップを持っていると思う。そして、フェラーリが成長し、表彰台と勝利のために戦えるようになるか見てみよう」

「2020年シーズンを除けば、以前の年は最後のレースまで常にチャンピオンシップのために戦ってきたので、今年ではないにしても、来年からは強いのは確かだと思う」

フェルナンド・アロンソは、自身が2021年に表彰台のトップに立つことは想定していないが、新しいレギュレーションが導入される2022年には優勝を目指していると語った。

「今シーズン、再び勝つためのロードマップはない」とフェルナンド・アロンソは語った。

「2018年に、僕はすでに2021年の新しいレギュレーションが導入されるときに復帰することを意識していた。耐久選手権とデイトナはうまくいっていた」。

「その後、新型コロナウイルスにより、新しいレギュレーションは2022年まで延期され、今年はどうしたらよいかわからなくなってしまった」

「でも、やる気はあるので戻りたいと思っていたし、チームを移籍することを決めたときにそれができたのはとてもラッキーだった。そして今、F1に戻ることにした」

「これは素晴らしい特権だ。なぜなら、F1カーを運転する可能性すらなかった才能のあるドライバーがいるからね」

「誰もが勝ちたいと思っている。来年のチャンピオンシップで優勝することは僕たち全員の夢だけど、僕たちは待つ必要がある。祈っていよう」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / フェラーリ / アルピーヌ