F2ドライバー、フェルナンド・アロンソのF1アブダビテスト参加に不快感
F1ドライバーのルイ・デレトラズは、フェルナンド・アロンソが今年後半にアブダビで開催されるF1の“若手ドライバーテスト”に参加する意向であることを不快に思っていることを認める。

ルノーF1のチーム代表シリル・アビテブールは、フェルナンド・アロンソがF1アブダビテストに参加できるように2戦未満のドライバーに限定するという条件の適用を免除するようFIAに申請したと報じられている。

2021年にアルピーヌF1として再出発するルノーで2年ぶりにF1復帰するフェルナンド・アロンソは、300戦以上のグランプリに出場し、2度のF1ワールドチャンピオンを獲得している。

「若手ドライバーテストは若いドライバーのためのものであるべきだ。それがすべてのポイントではないかだろうか?」とF2でランキング7位につけているルイ・デレトラズは疑問を投げかけた。

フェルナンド・アロンソは、すでにルノーF1チームと帯同するために今年後半にアブダビに移動することを認めている。

「イモラまでF1レースに行く予定はない」とフェルナンド・アロンソは El Mundo に語った。

「その間、ファクトリーでシミュレーターで走る予定だ。また、バーレーンとアブダビのチームとの距離を縮めたいと思っている」

「アブダビはチャンピオンシップの最後のレースだ。チームワークを見たいと思っている。でも、エンジニアはすでにコンスタントに連絡を取り合っている。レースと会議は家からフォローしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー / F2 / アルピーヌ