フェルナンド・アロンソ 「10年前の体型とフィットネスを取り戻した」 / ルノーF1
フェルナンド・アロンソ(39歳)は、2021年のF1復帰にむけてピーク時の体重・体型とフィットネスを取り戻したと彼のフィジオであるエドアルド・ベンディネッリは太鼓判を押す。

2021年にルノーからF1復帰が決定しているフェルナンド・アロンソは、2018年にF1を離れたときよりも明らかに身体が絞られている。

エドアルド・ベンディネッリは「体重と体型という点では2009年から2011年の水準に戻っている」と Marca に語った。

40歳に近づいているフェルナンド・アロンソ自身もフィットネスは「これまで以上に良い」と語る。

「昔は午前中にフットボール、その後にテニス、それからサイクリングをして、夕方にはカートで走っていた」とフェルナンド・アロンソは説明した。

「それはもはや不可能なので、今は別の方法でトレーニングしている。細部を洗練させて自分の弱点に取り組んでいる。これまで以上に良い状態にある」

一部の人は、フェルナンド・アロンソの目に見える体重の減少は、彼自身が告白している今年初めの病気が関連しているのではないかと推測している。

「新型コロナウイルスの検査を受けたけど、ウイルスはなかった。少し強さと食欲を失ったけど、その間にフィットネスの数値は戻った」

エドアルド・ベンディネッリは、フェルナンド・アロンソが行ったプログラムは、フェラーリとサインしたときと似ていると語った。

「彼が2010年にフェラーリに行ったときのように、彼がピークにいるようにトレーニングスケジュールを立てた」とエドアルド・ベンディネッリは説明する。

「過去のすべてのパラメーターを今日のパラメーターと比較し、10年前のレベルに戻ることを目標に開始した。彼はマシンで望んだよに走れるような身体と頭でいることを望んでいる」

フェルナンド・アロンソは、F1から2年間離れていたことは自分にとって良いことだったと主張する。

「2歩下がって、すべてを落ち着いて見れば、物事を別の方法で評価できる」とフェルナンド・アロンソは語る。

「僕は今、F1を去ったときよりもはるかに優れたドライバーになっている。年齢? ナンセンスだ。スピードは年齢ではなく、ストップウォッチで決まる」

「ダカールを支配したカルロス・サインツの年齢を見てみればいい」とフェルナンド・アロンソは58歳のラリーのレジェンドに言及した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー