フェルナンド・アロンソ、ルノーF1との契約は年間20億円の2年契約
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2年間F1を離れたあと、2021年にルノーF1で復帰することが決定。チームにはまだ競争力がないが、素晴らしい給与を得ることでその問題は緩和されるかもしれない。

Sun が報じたところによると、フェルナンド・アロンソとルノーF1との契約は2年契約で1シーズンあたり約1500万ポンド(約20億円)を稼ぐことになると報道。

したがって、フェルナンド・アロソは2022年までの2年間で3000万ポンド(約40億)を稼ぎ、さらにはパフォーマンスによるボーナスも追加される可能性があるという。

ルノーF1が、フェルナンド・アロンソを起用するためにそれほど多くのお金を支払うことができたのは注目に値する。フランスの自動車メーカーであるルノーは、約20億ユーロ(約2436億円)を削減する必要がある。F1部門はそれほど削減する必要はないようだ。

これまでの報道では、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソをF1に復帰させるために、F1のオーナー企業であるリバティ・メディアが給与の一部を肩代わりするとも噂されている。

フェルナンド・アロンソのF1復帰についてF1のCEOであるチェイス・キャリーは「来年、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソがルノーでF1に復帰するのは素晴らしいニュースだ。彼は信じられない才能であり、彼が2021年にグリッドに戻るのを待ち切れない」とF1公式サイトにコメントしている。

フェルナンド・アロンソは、ルイス・ハミルトン、マックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルドといった他のトップドライバーの給与には及ばないが、2021年のフェラーリF1のドライバーよりも多くの収入を得ることになる。シャルル・ルクレールとカルロス・サインツは二人ともシーズンあたり

アロンソは100万ドルの給与にもかかわらず、ルイスハミルトン、マックスフェルスタッペン、ダニエルリカルドなどのトップライダーよりも多くの収入を得ていません。ただし、38歳のドライバーは、2021年のフェラーリライダーよりも多くの収入を得るでしょう。チャールズルクレールとカルロスサインツは、どちらもシーズンあたり1,000万ユーロ(約12億円)以上を稼ぐことはないと推定されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー