フェルナンド・アロンソ、ルノーF1のシート獲得争いで一歩リード?
ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールによって、フェルナンド・アロンソが2021年のF1ドライバー候補の最終リストに載っているという噂が事実であることが明らかになった。だが、ルノーF1が将来のラインナップを確定させるには時間がかかるかもしれない。

ダニエル・リカルドのマクラーレン移籍によって、ルノーF1のシートには空席ができた。2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソの名前はリカルドの発表直後から浮上しており、すでに事前合意がなされたとの報道もある。

シリル・アビテブールは、この仮説が実在することであると認めつつも、2021年のエステバン・オコンのチームメイトには他の名前も検討していると語る。

「来年は素晴らしいドライバーたちが獲得可能であり、リカルドの後任を務める可能性のあるドライバーはたくさんいる。先ほど話したように、フェルナンドアロンソはオプションだが、他にも選択肢はある」とシリル・アビテブールは RMC にコメント。

「私が言える唯一のことは、これについて考えることに時間をかけていくということだけだ。非常に重要な決定だ。我々は、理由が何であれ、フェラーリとマクラーレンが示したような積極的な関与をフォローしたくはない」

シリル・アビテブールは、1回もレースが行われる前に2つのチームが2021年のドライバーラインナップを確保しようとした意欲に戸惑っていたことを認めた。

「正直なところ、今シーズンが始まる前からドライバーを選ぶなど・・・我々は少し変だと思った。このドライバーの選択は、我々の再建のパズルの最後のピースだ。したがって、正しい選択をするために時間をかけることが重要だ」

残念ながらルノーF1の育成ドライバーにはスーパーライセインスポイントを満たしているドライバーはおらず、これまでの推測では、ジョージ・ラッセルが昇格することでメルセデスF1のシートを失うとされるバルテリ・ボッタス、フェラーリF1を離脱したセバスチャン・ベッテルといった名前が浮上している。だが、ベッテルがミッドフィールドチームに移籍する可能性は低いと考えられている。

まだバルテリ・ボッタスがメルセデスのF1シートを失ったわけではないが、元F1ドライバーのJ.J.レートは、ルノーF1はボッタスよりもフェルナンド・アロンソと契約する可能性が高いと考えている。

「バルテリはずっと1年間の契約でやってきたし、彼に対する完全な信頼と信念はないように感じる」とJ.J.レートは Iltalehti に語った。

したがって、バルテリ・ボッタスにとって2022年は重要な年になると予測している。

「現在、コース上の結果は以前ほど重要ではないので、代わりに交渉のテーブルで良いシーズンを過ごせることを願っている。バルテリはメルセデスで優れていると指摘する価値がある。レースに勝って2位で終え、メーカーチームがチャンピオンシップを勝ち取ることを助け、ルイス・ハミルトンに良い挑戦をすることができた」

噂によると、バルテリ・ボッタスのマネジメントもレッドブル・ホンダとも交渉しているとされているが、J.J.レートは、バルテリ・ボッタスは“完全に外部の男”であるため移籍する可能性は低いと考えている。

一方、ルノーF1の将来も引き続き疑問視されている。先週、ルノーの暫定CEOであるクロチルド・デルボは、今後20億ユーロ(約2387億円)のコストを削減する取り組みの一環として、世界中で1万5000人の人員削減を実施することを発表したが、ワークスチームとしてのF1活動は継続していくことを表明している。だが、新型コロナウイルス後の今後の状況がどうなるかはルノーに限らず不透明な状況となっている。

「自動車メーカーとしてルノーは大きな問題に直面している。彼らがF1を継続するかどうかはまったく明らかではない。チームには長年の結果を出していないので、ルノーに加わることはチームをさらに構築していくことを意味だろう。だが、財政上の問題を考慮する必要がある」

最終的にJ.J.レートは、ルノーF1はフェルナンド・アロンソを選ぶことになると考えている。

「アロンソは政治的で難しい人物だが、それでもルノーの2回のワールドチャンピオンだ。バルテリは完全にメルセデスのドライバーであり、チャンピオンシップを獲得したことはない。だから、かなり明確だと思う。

一方、フェラーリなどのF1チーム代表を務めたマルコ・ゼッキは金銭的なことを考慮する必要があると語る。

「従業員を解雇したにも関わらず、その後アロンソに契約するために多額のお金を費やした場合、議論が巻き起こるリスクがある。組合は会社がなぜ従業員を解雇しているのか疑問に思うだろう」とマルコ・ゼッキは Marca に語った。

だが、フェルナンド・アロンソの背後にある大きなマーケティング価値はルノーにとって魅力的に映るかもしれないとマルコ・ゼッキは語る。

「経営陣がブランドの宣伝を続け、アロンソを新しいアンバサダーとして見たいと言っている場合、そのドライバーの選択は会社によってより容易に受け入れられる可能性があるだろう」

噂では、フェルナンド・アロンソ効果を歓迎するリバティ・メディアが報酬を負担する、もたはアロンソ側が契約を勝ち取るために無報酬かつシートを買い取るために自らスポンサーを持ち込むことさえ提案しているとも言われている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー