F1噂話:フェルナンド・アロンソ、ベッテルへのリベンジに燃える?
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、セバスチャン・ベッテルに恨みを抱いており、リベンジを果たすことに燃えていると Corriere dello Sport が報じている。

フェルナンド・アロンソは、昨年から何度もF1復帰への扉はオープンにしていると語っていたが、以前はそれは不可能のように思われた。しかし、カルロス・サインツとダニエル・リカルドの移籍により、ルノーF1での復帰の扉が再び開かれた。

そして、フェルナンド・アロンソとセバスチャン・ベッテルは再び争っているようだ。今回はF1ワールドチャンピオンではなく、ルノーのF1シートをかけて・・・。

Corriere dello Sport によると、フェルナンド・アロンソがまだセバスチャン・ベッテルに対して恨みを抱いており、彼を嫌悪してさえいると伝えている。

それは、フェルナンド・アロンソがフェラーリ所属時、レッドブルに所属していたセバスチャン・ベッテルにタイトルを奪われ続けたことに由来するという。ベッテルはレッドブルとともにタイトルを4連覇したが、アロンソは今でもマシンが優れていれば、それらのタイトルを獲得したのはベッテルではなく自分だったと感じているという。

現在、ルノーのF1シートはフェルナンド・アロンソとセバスチャン・ベッテルの一騎打ちであり、アロンソが一歩リードしているとようだ。噂によると、アロンソは契約を勝ち取るために無報酬をほのめかしており、シートを買い取るために自らスポンサーを持ち込むことさえ提案していると同紙は報じた。

だが、セバスチャン・ベッテルにはフェルナンド・アロンソとは異なり、メルセデスのF1シート獲得の可能性が報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー / セバスチャン・ベッテル