F1
2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2020年にマクラーレンとのブランドアンバサダー契約を更新せず、マクラーレンとの関係は解消された。

フェルナンド・アロンソは、マクラーレンとの4シーズンの後、2018年末にF1から引退したが、2019年も関係を維持。ブランドアンバサダーとしてチームウェアを着用していくつかのグランプリに帯同し、バーレーンでのインシーズンテストではピレリのF1タイヤテストでMCL34を試していた。

また、フェルナンド・アロンソは、マクラーレンのエントリーで2019年のインディ500に参戦したが、予選落ちという失態を演じた。

マクラーレンは、2020年からアロー・マクラーレンSPとしてインディカーにフル参戦。代表であるザク・ブラウンは、インディ500で3台目のマシンにフェルナンド・アロンソを乗せることを望んでいたが、関係が解消されたことで、アロンソが乗る可能性は低くなった。

世界3大レースでの“3冠”を目指すフェルナンド・アロンソは、2020年のインディ500を“最優先”としており、自由に参戦チームを選べる立場となった。現在、2017年にインディ500に初挑戦したアンドレッティ・オートスポーツが、最も可能性の高い目的地とみなされている。

だが、マイケル・アンドレッティは、フェルナンド・アロンソの参戦は資金調達が前提条件であることを認めている。

「我々はそれを実現させたいと思っている。私は資金を調達する方法を考え出しているところだ」とアンドレッティはコメント。

「我々はスポンサーを見つけることができると思っているが、サイコロを振って、彼と契約し、そのあとで資金を調達しようと思うだろうか? アロンソと仕事をするのは本当に楽しいことだし、実現させたいと思っている」

「スポンサーを見つけることはできると思いますが、サイコロを転がし、彼に署名して、資金を調達したいと思いますか。その男と一緒に仕事をするのは本当に楽しいです。

だが、もうひとつの障害としてホンダの承認がある。マクラーレンとフェルナンド・アロンソは、F1でホンダのパフォーマンス不足を批判した後、決別している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / マクラーレン