フェルナンド・アロンソ、マクラーレン・メルセデスのF1復帰の可能性は?
マクラーレンが2021年からメルセデスのF1エンジンを使用するという契約は、フェルナンド・アロンソがチャンピオンシップに勝てるパッケージでF1復帰するチャンスを提供することになるのだろう?

フェルナンド・アロンソが3度目のF1ワールドチャンピオンを獲得できなかったメルセデスのF1エンジンで走ることができなかったことも大きな理由のひとつだった。それは2007年のF1シーズンに根差している。

当時メルセデスのエンジンを使用してたマクラレーンは、フェラーリの機密情報を使用して選手権から除外され、1億ドルの罰金を科せられた“スパイゲート”事件において、フェルナンド・アロンソは、情報の使用とその存在のFIAへの開示の両方に関与した。

以前、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フェルナンド・アロンソのメルセデスとの"歴史”が、メルセデスがアロンソの起用を検討しない理由のひとつであることをほのめかしていた。

しかし、2021年からマクラーレンがメルセデスのF1エンジンを使用することを発表したことを受け、トト・ヴォルフは“スペイゲート”がマクラーレンとの新たなビジネス関係において考慮されなかったと語った。

スパイゲート事件について質問されたトト・ヴォルフは「当時はマクラーレンとメルセデスにとって、暗黒の時代だった」とコメント。

「個人の行動を改善するのに、我々双方ともにかなりの費用がかかった。そして、この点で恨みはまったくない。我々は前に進んだ。11~12年後が経ち、そのことは決定に何の役割も果たさなかった」

フェルナンド・アロンソは2020年の計画についてまだ発表していない。メルセデスにワークスチームのシートを得る可能性はないかもしれないが、2021年にメルセデスを搭載したマクラーレンを運転する可能性はあるかもしれない。

メルセデスとの契約がマクラーレンが誰をクルマに乗せるかを制限することはあるかと質問されたマクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは「ノー」と強調した。

では、2021年にマクラーレンにカーナンバ14が再び掲載されることはあるだろうか? だが、マクラーレンはそれを望んではいないようだ。

マクラーレンは、フェルナンド・アロンソ後の時代を受け入れている。彼らはカルロス・サインツとランド・ノリスの仕事についてほとんど不満は抱いておらず、早々に2020年も二人を続投させることを発表している。

マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは「この二人の男が我々の未来であることに疑いはない」とコメント。

「我々にとってそれは素晴らしいことだ。チームがこのよな明快さを持っていることも素晴らしいことだ。開発、より速いレースカーを生産すること、チームとしてどんどん良くなっていくという我々のコアのミッションにに再び集中していくことに役立る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / マクラーレン / メルセデス