F1 フェルナンド・アロンソ セバスチャン・ベッテル
フェルナンド・アロンソは、昨年のタイトルレースで敗れたセバスチャン・ベッテルを批判することを拒否。ベッテルは「最後まで戦った」と述べ、「チャンピオン」のままだと擁護した。

昨年、セバスチャン・ベッテルは序盤戦でドライバーズ選手権をリードするも、母国レースであるF1ドイツGPでの自滅を含めて中盤戦でのミスが目立ち、フェラーリの戦略ミスも相まって、ルイス・ハミルトンに5度目のF1ワールドチャンピオン獲得を許した。

最終的にセバスチャン・ベッテルは、ルイス・ハミルトンから88ポイント差の2位に甘んじた。

自分がフェラーリ SF71Hに乗っていたらチャンピオンシップを獲得できたかと質問されたフェルナンド・アロンソは「それは難しい予測だ」と Corriere della Sera にコメント。

「誰が前にいても勝つために戦うものだし、常にチャンピオンを失う者がいる。それに誰もがミスをする」

「彼は重要なポイントを失ったかもしれないけど、ハミルトンもそれらを失っていた。ベッテルはライコネンよりもはるかに優れていたし、彼は最後まで戦った。彼はチャンピオンだ」

「彼が4度のワールドチャンピオンを獲得したとき、誰もが彼のことを驚異的な人だと話していた。そして、今はハミルトンに同じことが起こっていた」

「そのような大きな注目とプレッシャーを受けているときは決して簡単ではないというのが事実だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | フェラーリ | セバスチャン・ベッテル