F1 フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、今シーズン限りでF1を引退する可能性があるとの報道を否定した。

フェルナンド・アロンソは2013年のF1スペインGP以来、勝利から遠ざかっており、特に昨年までのマクラーレン・ホンダでの3年間はポイント獲得すら望めないレースに耐えてきた。

昨年、フェルナンド・アロンソは、世界3大レースでの“3冠”をキャリアの目標に掲げてインディ500に参戦。今年はトヨタからル・マン24時間レースに挑戦する。

そのようなフェルナンド・アロンソの行動をF1に対するモチベーションの低下と考える者も少なくない。

F1スペインGPの木曜記者会見に出席したフェルナンド・アロンソは、結果が予測できてしまう現在のF1に興味が薄れていることを示唆し、その発言がF1引退を示唆しているのではないかと報じられた。

「最大の問題は、すべてが予測できてしまうということだ。新聞に載る土曜日の予選結果も、モナコGPやシルバーストーン・サーキットの展開も見えてしまう。それは将来を決断する上で考慮すべき材料となっている。悲しいことに、F1ではすべてがこうした方向に進んでいる」

さらに母国グランプリであるF1スペインGPで勝つよりもル・マン24時間レースで勝つことの方が意味があることだとも語っていた。

マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは「心配はしていない」とコメント。

「彼はルマンに勝ったことはなく、スペインで勝っても“3冠”には影響しないのでそう言ったんだと思う」

「フェルナンドについて一つ確かなことは、最大限の結果を達成したいという彼の願望は決して疑いのないものだということだ。どのカテゴリーでレースをするかに関わらずね」

F1引退の噂について直接質問されたフェルナンド・アロンソは「2014年以来、シーズンのこの時期にいつも今年が僕の最後の年だと言われている」とコメント。

「6月や8月になるとフェラーリに行くと言われ、9月にはメルセデス、その後はルノー、レッドブルと報じられる。10月か11月になったら、何をするか考えてみるよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ