フェルナンド・アロンソ マクラーレン ホンダF1
フェルナンド・アロンソは、F1アメリカGPまでに2018年のF1での将来を決定したいと述べ、マクラーレンとの1年契約延長を示唆した。

マクラーレンは、ホンダと決別して2018年からルノーのエンジンを搭載することを決定しているが、フェルナンド・アロンソはまだマクラーレンのポテンシャルについて納得する必要があると主張している。

先週、フェルナンド・アロンソはマクラーレンのファクトリーを訪問したと報じられており、その場で来季についての議論が行われいたとされている。

しかし、フェルナンド・アロンソは、2018年の計画にコミットするにはまだ時間がかかるだろうと述べた。

2018年についての決断のタイムラインを尋ねられたフェルナンド・アロンソは「次のブレークが最終決定を下すにはいいかもしれないね」とコメント。

「マレーシアと日本の間は、コース上での作業が忙しいと思う」

「でも、日本の後に決めたいのは確かし、おそらくそこが何がベストかを選んで決断を下すデットラインになるだろう」

「来年は競争的でありたい。表彰台に戻りたい。勝利に戻りたい。チャンピオンシップを争いたい。この決定を下すためにはさらに詳しい情報が必要だ」

「でも、同時に僕は楽観的なままだ。マクラーレンはF1の歴史におけるベストなチームのひとつだ。僕たちにはそれを実現するための全てが揃っていると思う」

マクラーレンは、ルノーからエンジン供給を受ける2018年に改善できると確信している。

フェルナンド・アロンソはその保証はないと考えているが、マクラーレンは来シーズンに進歩を遂げるにはいい場所にいると考えている。

「来年はレギュレーションの変更が最小限なので、全チームが確信を抱けないと思う」

「でも、同時に新しいレギュレーションによって今年の開発率は非常に高いと思うし、冬の間にさらに発展することになるだろう」

「シーズン中にはできなかったクルマの変更もできるだろう。でも、全員にとって常にある程度のリスクは伴うものだ。ただ、ビッグチームにいるときはそのようなリスクは少なるなる」

「そして、言ったように、マクラーレンは何年もスポーツを支配してきた。ストレートサイドポッドなどいくつか問題を抱えていた2009年や2011年などの最悪のシーズンでも、彼らは年間で2~3勝は挙げつづけていた」

「それがマクラーレンがビッグチームたる所以だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ホンダF1 / マクラーレン