フェルナンド・アロンソ マクラーレン
フェルナンド・アロンソが2018年もマクラーレンに残留する条件はやはりルノーへのエンジン変更のようだ。

マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、マクラーレンがホンダと決別し、ルノーにパワーユニットを切り替えれば、フェルナンド・アロンソがチームと2018年の契約を結ぶ可能性が高いと考えていると語っている。

フェルナンド・アロンソは「マクラーレンは厳しい状況にある。3年間、非常に競争力がなかった」と スペインの Antena 3 にコメント。

「3年間も競争力がないのは、F1史上で最高のチームのひとつであるマクラーレンのようなチームにとっては限界だ。来年からはそれが変わると思っている」

「何が起こるかはわからないけど、僕はとても楽観的だ」

「一つの選択肢はエンジンを変更することだ。自分が決断する前に彼らの決断を待っている」

「僕はチームに忠誠心を表したい。僕たちは共に困難な時期を過ごしてきた。彼らが決定し、彼らのパッケージがわかったら、決断を下すつもりだ」

フェルナンド・アロンソは、“今週”マクラーレンの決定を知ることができると期待している。

「彼らにチャンスを与えるつもりだ。僕たちは一緒に困難な時期を共有してきた」

「自分はチームの一員だと感じているし、彼らはそれに値すると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / マクラーレン