フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソが、F1バーレーンGP中にホンダのF1エンジンへの不満を露わにした。

15番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソは、一時11番手まで順位を上げ、コーナーでは巧みなライン取りで後続を抑えていたが、ジョリオン・パーマー(ルノー)、ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)にストレートであっさりとかわされた。

フェルナンド・アロンソは「なんで300m後ろにいたやつがストレートで抜いていくんだ!」と無線で叫んだ。

「こんなパワー不足でレースをしたことはない!」

一方、ストフェル・バンドーンはレース前に金曜日に見舞われていたMGU-Hのトラブルが再発。レースに出走することができなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ホンダF1 / マクラーレン