フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、F1ベルギーGPの予選をわずか数百メートルで終えることになった。

フェルナンド・アロンソは、予選Q1にパワーユニットのトラブルによってオー・ルージュの頂点でストップ。フェルナンド・アロンソは今週末すでにパワーユニット交換で35グリッド降格が決定しているが、アロンソにとっては嫌な終わり方となった。

「ジェンソンも同じ新しいスペックのパワーユニットを持ち込んでいるのに、彼の方は何も問題が出ていないので、少し不運な状況だ」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「僕たちは何が起こったのか調査する必要がある」

「FP3の最後に問題が発生したけど、予選までにきちんと調査する時間がなかった。僕たちは500メートルしか走っていなかったし、何かがおかしいのは間違いない」

「今は時間があるし、再びパワーユニットを交換することさえあるかもしれない。いずれにせよ、僕たちは最後列からスタートするので、問題なくレースをフィニッシュできるようにする必要がある」

だが、フェルナンド・アロンソは、限られた走行と信頼性問題にも関わらず、パワー面は進歩していると確信している。

「今日は4周しか走っていないので、あまり比較することはできないけど、僕たちは正しい方向に進んでいると思う」

「このような問題は痛みを伴うけど、最終的には全てが改善プロセスの一貫だ」

「パワーユニットの何が脆いのかを理解する必要があるし、来年のエンジンではチャンピオンシップを争えるエンジンする必要がある。でも、今週末、僕たちがどこで終えるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダF1 | マクラーレン