フェルナンド・アロンソ
F1アメリカGPを終えたフェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダの見た目の進歩への高まる期待に歯止めをかけた。

フェルナンド・アロンソは、F1アメリカGPでホンダのアップデート版パワーユニットを装着。信頼性のトラブルで後退するまで5位を争っていた。

「5位で終えていたなら、キャリアでもベストレースになったと思う」とフェルナンド・アロンソはコメント。

改良版のホンダのエンジンのパフォーマンス改善、そして2016年の飛躍に期待が高まっているが、フェルナンド・アロンソは現実に目を向けている。

「エンジンのパワーマンス向上についてたくさん話してきたけど、誤解を正すために言えば、僕たちが話していたのは0.1秒くらいについてだ」

フェルナンド・アロンソは、元マクラーレンのチームメイトであるルイス・ハミルトンを称賛した。

「今年、ハミルトンは別のレベルにいた。彼は最初から最後まで圧倒的だった」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「去年は少なくともロズベルグがちょっとした興奮をもたらしたけど、今年は誰よりもハミルトンがそれに値した。来年、誰かがまた彼をもう少し苦しませることができるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ホンダF1 / マクラーレン