フェラーリ移籍をあきらめていないフフェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、将来フェラーリへ移籍する可能性があると語った。

フェルナンド・アロンソが近い将来フェラーリへの移籍を希望していることは周知の事実だった。しかし、キミ・ライコネンが2010年末までフェラーリとの契約を延長したことにより、少なくとも2011年までフェルナンド・アロンソのフェラーリ移籍の道は閉ざされた。

だが、アロンソはフェラーリの発表にそれほど驚かなかったと語る。

「そのような話があったから驚かなかったよ。ある意味、僕は彼らがキミとの契約を更新することを知っていたんだ」

現在、来シーズンのためにルノー、BMW、ホンダがアロンソの加入を望んでいるが、アロンソはまだ2009年の計画を発表していない。

アロンソは、ルノーが第一の選択肢だと主張する一方で、チャンスがあればフェラーリへ移籍する気があることを明らかにした。

「常に言っているように、人生は大きく変わるし、もし僕がもう8〜10年F1でレースをすれば、最後にフェラーリへ行く可能性はあるかもしれない。」

アロンソは、ルノーの2009年のマシンをあまり知らないと語る。そして、彼は来シーズンのチームの楽観性を慎重に判断しなければならないと認めた。

「僕たちは残りのレースに集中しているので、あまり知らないんだ。でも、この時点では、ほとんどの場合、全てのチームが来年うまくやれると完全に確信しているので自信を持っていると思う。彼らはみんな非常に楽観的だし、彼らを信じるか信じないかは自分次第だ。」

「彼らを信じているよ。タイトルを獲得した2台のマシンを与えてくれたのんだからね。だから他より彼らを信じる方が簡単だ。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / フェラーリ