フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、日本に行きたがらない人がいるのは知っているが、自分は日本に行くことを楽しみにしていると述べた。

東日本大震災による放射能リスクを懸念し、MotoGP界では日本でのレースをボイコットすると発言しているライダーもいる。

だが、フェルナンド・アロンソは日本を励ますために良いショーをみせたいと述べた。

「日本に行ってレースをするのを楽しみにしている。好きな国だし、特に東京で毎年1週間過ごしている好きな場所だ。今年もそれは変わらない」とフェルナンド・アロンソは Motorsport-Total.com にコメント。

「特にMotoGPの関係者などの一部の人たちが日本に行くことに不満を抱いているのは知っている。僕にはそれが理解できない」

「僕は鈴鹿でレースをするし、東京にも行く。楽しみにしているし、日本のファンの素晴らしいショーを見せたい。彼らのF1への情熱は非常に高いからね」

フェルナンド・アロンソは、モータースポーツには日本のみんなを喜ばせることができると述べた。

「特に今年は津波やいろいろな問題があった
。スポーツは人々を励ますことができると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | F1日本GP