フェルナンド・アロンソ
ロバート・クビサがラリーの事故から回復していることに安堵を表明したフェルナンド・アロンソは、F1ドライバーがトラック外で危険を取り除くことは不可能だと考えている。

フェルナンド・アロンソは、今月初めにロバート・クビサがラリーの事故にで病院に搬送された際、ドライバーのなかで真っ先に病院に駆け付けた。

クビサの事故の後遺症による最悪の事態も考えたというフェルナンド・アロンソは、ドライバーはトラックを離れても常に危険に直面する可能性があると述べた。

「僕たちは、自分自身から多くのアドレナリンを取り出せなかればならない。ラリーはF1ドライバーの見解では良いトレーニングだ」とフェルナンド・アロンソは CNN にコメント。

「僕は毎日自転車でトレーニングしている。2週間前、友人と僕と乗りにいったとき、僕たちの前をトラックが横切った」

「あと数メートルで僕たちは衝突していただろう。危険を取り除くことはできない」

ロバート・クビサの事故の知らせを聞いたとき「彼が生きていられるのか明らかではなかった。彼がどのような怪我を負ったのか正確に知るために病院までクルマで行こうと思ったんだ」

「今、彼は順調に回復しているし、すぐに彼がF1に復帰することを願っている」

関連:フェルナンド・アロンソ、ヘルメットにロバート・クビサのイラスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ロバート・クビサ