アルファロメオF1代表 「周冠宇との契約でスポンサーの問い合わせが殺到」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2022年のドライバーとして周冠宇を起用することを発表して以降、スポンサーについての問い合わせが殺到していると語る。

フレデリック・ヴァスールは、ドライビングも魅力の重要な一部ではあるものの、周冠宇がもたらす資金が2022年にバルテリ・ボッタスとパートナーを組むという決定の背景にある“柱”であることを以前に認めている。

それだけでなく、世界で最も人口の国で初の中国人F1ドライバーというヒーローが誕生したことは、巨大なマーケティングの機会を開くことになる。

フレデリック・ヴァスールは、周冠宇をF1グリッドに並べることにいか多くのチャンスがあるかを認め、発表以来、アルファロメオF1にはスポンサーシップの問い合わせが殺到していると語った。

「周がもたらすものではないが、そこには大きなバズがあると思う」とフレデリック・ヴァスールはMotorsport-Magazinのインタビューで語った。

「過去数週間で、過去25年間より多くのスポンサーが電話をかけてきている。これは会社にとって大きなチャンスだと思う」

「会社、すべてのスポンサーや現在のスポンサーにとって、それは大きなチャンスでもあり、我々ははその方向に進んでいく」

「予算がどこから来ているのかについていくつか混乱がある。しかし、我々にとって、会社にとって、そして、他のチームやF1全般にとって、それは大きなチャンスだと思う」

「私にとっては、周がトラックでパフォーマンスを発揮してくれれば御の字だ。常にバランスが重要だ。彼が今F2で何をしているのか見てほしい。彼はF1でも同じことができると確信している」

周冠宇は、2022年にバルテリ・ボッタスという経験豊富なチームメイトを迎える。フレデリック・ヴァスールは、ボッタスがメルセデスF1で戦ってきた経験がいかにチームにとって役立つか、そして、若さと経験をブレンドすることが、2022年のF1新時代にむけてアルファロメオF1が求めていたものだと付け加えた。

バルテリ・ボッタスが与える影響について質問されたフレデリック・ヴァスールは「彼(ボッタス)はポールポジションを獲得している。モンツァ以降、彼は3回獲得しており、ルイス(ハミルトン)は2回だけだ。これは良いベンチマークだと思う」と冗談めかして語った。

「そして、我々がこの方向に進んだもう1つの理由は、2021年以降はマシンが非常に異なるため、継続性を維持することが理にかなっているかは分からないことだ」

「しかし、少なくともF1の経験が豊富な人が必要だ。2人のルーキーで始めるのは難しいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / 周冠宇