アルファロメオF1移籍が噂の周冠宇 「今年はF2での最後のシーズンになる」
アルファロメオF1移籍が噂される周冠宇は、2021年が彼の「F2の最後のシーズン」になると確信している。

報道によると、3000万ドルの中国マネーを準備している22歳の周冠宇は、2022年のアルファロメオF1のアントニオ・ジョビナッツィのシートに強くリンクされている。

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2022年に現メルセデスF1の経験豊富なバルテリ・ボッタスが加入することにより、チームメイトのために創造的な選択をするための自由が与えられたと語る。

「バルテリを起用し、迎え入れることできたことは、我々にとって大きなチャンスだと思っている」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「彼のチームメイトがルーキーであるか経験豊富なドライバーであるかはそれほど重要ではない。バルテリの経験とスピードの恩恵を受けるからだ」

しかし、フレデリック・ヴァスールは、フェラーリが支援するアントニオ・ジョビナッツィを維持または放出することについてはまだ未定であり、ジョヴィナッツィは「良い仕事をしている」と主張する。

しかし、上海生まれの周冠宇について質問されたフレデリック・ヴァスールは「周はF2で良い仕事をしている。もちろん彼はリストに載っている」と付け加えた。

アルピーヌF1の育成ドライバーである周冠宇は、今シーズン2回目の金曜フリー走行の機会が与えられると考えられている。

しかし、アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターを務めるマルシン・ブコウスキーは、周冠宇が2022年にアルファロメオでF1への大きな一歩を踏み出すとの“噂”ことについてコメントすることを拒否した。

「アカデミーのドライバーのオプションを評価していると言う以外に、我々は噂やドライバー契約についてコメントするつもりはない」とマルチン・ブコウスキーは語った。

しかし、周冠宇自身はF1への大きな動きをする準備ができているようだ。

「僕がF2でチャンピオンシップを獲得するか、トップ3でフィニッシュすることができれば、チャンスは訪れるだろう」と周冠宇は語った。

「今年はF2での最後のシーズンになるだろう。そうなるとかなり確信している。自分を証明するには3年で十分だと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / F2 / 周冠宇