アルファロメオF1、キミ・ライコネンに顧問としてのチーム残留を望む
アルファロメオF1は、キミ・ライコネンが興味を持つのであれば、来年以降もアドバイザー的な役割でチームに残ってほしいと考えている。

キミ・ライコネンは先週末のF1オランダGPに先立って今季限りでのF1引退を発表。その後、新型コロナウイルスに感染したことが発覚し、F1オランダGPを欠場。今週末のF1イタリアGPも欠場することが決定している。

キミ・ライコネンは、F1引退以降に家族との過ごす時間を増やす以外には何をするかについてまだ計画を立てていないが、アルファロメオはライコエンの経験と洞察を活用することに熱心だ。

2018年末にフェラーリを放出されたキミ・ライコネンと契約したチーム代表のフレデリック・ヴァスールは、いつかライコネンと話をして、彼らが一緒に仕事を続けることができるかどうかを確認したいが、F1引退のニュースが出たばかりのこの段階で、急いで2022年の計画について決定させようとするのは間違っていると考えている。

「彼は1年前に引退からそれほど遠くなかったと思う。シーズンがますます厳しくなるなかでの個人的な決断だ」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「簡単な決断ではないし、彼が決断に時間をかけたのは良いことだ。最悪のシナリオは『オーケー、辞める』と言って、最後のレース後の月曜日の朝に『どうしよう?』となることだった思う」

「彼がすでに他のシリーズなどから提案を受けているのを見ているので、まずは物事を落ち着かせたほうが良いと思う」とフレデリック・ヴァスールは説明した。

「そのあとで、将来何ができるかについて話し合う時間がある。キミをどこかに加えたいと思っているが、時間はかかると思う」

「今日、別の選択肢を決めて『こうしよう。ああしよう』と言うのは間違いだと思う。彼は決定が何を意味するのかを理解するために落ち着かなければならない。そのあとで将来について決定する時が来る」

フレデリック・ヴァスールは、キミ・ライコネンとアルファロメオの両方が望んでいた結果をもたらさなかったかもしれないが、彼がチームにもたらした多くの素晴らしい資質があると語る。

「彼はチームに大きな経験をもたらしてくれた」とフレデリック・ヴァスールは言語った。

「彼は過去20年間、優勝チームでドライブし、常にチャンピオンシップのために戦っていた。それはチームの発展への大きなサポートとなった。私は日々の結果について話しているのではなく、プロジェクトの中期的な開発について話している。彼はパフォーマンスがどこから来ているのかを完全に知っている」

「そして並行して、チームのイメージの観点から、それは大きな前進だった。より良い結果を出し、より多くのことをしたいと思っていた。それがレースの目的でもあり、常により多くのことをしたいと思っている。でも、そのようなものだし、キミからのサポートは印象的だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / キミ・ライコネン