アルファロメオF1代表、2022年のミック・シューマッハ加入の噂を否定
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2022年にミック・シューマッハがハースF1から移籍するとの噂を否定した。

今年ハースF1でデビューを果たしたミック・シューマッハは、最初の9戦で大きなミスをほとんど犯さず、チームメイトのニキータ・マゼピンを上回っている。

しかし、ハースF1はグリッドで最も遅いマシンであるため、ポイントに近づくことができておらず、これまでのところ、他チームと戦うこともままならない状態となっている。

ミック・シューマッハは、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員であるため、カスタマーチームであるハースからアルファロメオに移籍するという噂が渦巻いており、元F1最高責任者のバーニー・エクレストンも移籍が実現する可能性を示唆している。

ミック・シューマッハ自身も何かを除外することを拒否しているが、アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・バスリーは、進行中の物は何もないと否定した。

「これについて議論するのは時期尚早です」フレデリック・ヴァスールは語った。

「我々は一緒に仕事をしている。過去2~3か月でたくさんのレースが続いている。シーズン後半にで一緒に話し合うと思うが、それ以前はない」

バーニー・エスレストンの発言について質問されたフレデリック・ヴァスールは「おそらく彼は私よりもそれに気づいている」付け加えた。

キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィは、現在のグリッドでメルセデスのデュオに続いて2番目に長いペアだ。

だが、現時点では、来シーズンも二人がアルファロメオF1のシートにとどまるという保証はなく、どちらも今年以降はまだ確認されていない。

キミ・ライコネンが引退することを決定したかどうかが主な未知数であると語るフレデリック・ヴァスールは、そういったプレッシャーがパフォーマンスをプッシュしていると感じており、それを保ちたいと語る。

「システムに圧力をかけ続けることは常に良いことです」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「私は長い間コミットしたくない。『オーケーみんな、リラックスして仕事をしてくれ』とは言いたくない。我々は皆にプレッシャーをかけ続けなければならない」

「F1はプレッシャーがすべてであり、我々はそれを維持しなければならない。ジュニアシリーズやトップフィールドなど、自分の周りで何が起こるかは分からないので、今日そのようなコミットメントはしたくない」

「グリッドはトップから満たされることを我々は知っている。トト・ヴォルフは彼自身の決定を下し、次にホーナー、そして、ある段階で我々の番がやってくるでしょう。

「我々はこの種の決定を急いでいないが、物事は動いており、確かにキミの周りには疑問符があるが、アントニオは改善している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / ミック・シューマッハ