アルファロメオF1、2022年の“エアロホイールカバー”をテスト
アルファロメオF1は、今週バルセロナで行われている18イントタイヤのテストで2022年に導入される可能性のある技術革新を示した。

5月11日(火)、カタルニア・サーキットでアルファロメオ、アルピーヌ、そして、レッドブル・ホンダが参加するピレリの18インチタイヤのテストが実施された。そして、ロバート・クビサがドライブするアルファロメオのF1マシンには、10年前に禁止されるまでF1で一般的だった“エアロホイールカバー”が搭載された。

ロバート・クビサは「最初に適応する必要があるのは、マシンの下の空力パーツだ。18インチはマシンを大幅に持ち上げることになるからね」と Przeglad Sportowy にコメント。

「これらのテストを使用して、来年のルールの重要な側面に関するデータと情報を収集したいと考えている」

アルファロメオF1のリザーブドライバーを務めるロバート・クビサは、先週キミ・ライコネンの車のハンドルを握って金曜日のフリープラクティスに出走したときのスピンについても尋ねられた。

「マシンに戻るのは不思議なフィーリングだったけど、全体的にはいつも素晴らしいことだ」とロバート・クビサは語った。

「でも、このような長いブレイクの後は初心者のように感じるものだ。スピンはアルファロメオでの僕の最初の大きなミスだったけど、特にマシンを運転することがめったにない場合は、いつだってに発生する可能性があることだ」

F1 エアロホイールカバーアルファロメオF1 エアロホイールカバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / F1マシン