F1
アルファロメオ・レーシングは2月14日(金)、2020年F1マシン『C39』のシェイクダウンをフィオラノ・サーキットで実施した。

アルファロメオ・レーシングは、2020年にロバート・クビサをリザーブドライバーに迎えるとともに、クビサの後援企業であるポーランドの石油会社PKNオーレンを共同タイトルスポンサーに迎えて、『アルファロメオ・レーシング・オーレン(Alfa Romeo Racing ORLEN)』として参戦する。

ザウバー時代からのマシン名を引き継いで『C39』と名付けられるアルファロメオの2020年F1マシンは、PKNオーレンのコーポレートカラーをフィーチャーしたカラーリングを採用するとされている。

アルファロメオは、昨年と同様の2月14日(金)のバレンタインデーにフィオラノ・サーキットで新車のシェイクダウンを実施。マシンにはカモフラージュカラーが施されていることが確認できる。同時にスウェーデンのチョコレート飲料ブランド「Huski Chocolate」とのスポンサー契約を発表した。

アルファロメオは、プレシーズンテスト初日の現地時間8時15分からカタロニア・サーキットのガレージで新車『C39』のお披露目を実施。レースドライバーのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィ、そして、ロバート・クビサがアンベールを行う。

アルファロメオ・レーシング C39 シェイクダウンアルファロメオ・レーシング C39 シェイクダウンアルファロメオ・レーシング C39 シェイクダウンアルファロメオ・レーシング C39 シェイクダウンアルファロメオ・レーシング C39 シェイクダウンアルファロメオ・レーシング C39 シェイクダウン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング