アルファロメオ・レーシングの2019年08月のF1情報を一覧表示します。

キミ・ライコネン、肉離れは影響なし 「心配してくれてありがとう」

2019年8月31日
F1 キミ・ライコネン
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは、F1ベルギーGP初日のフリー走行で7番手タイムをマーク。肉離れは問題ないと語った。

夏休み中にスポーツをしていて左足に肉離れの怪我を負ったことで、アルファロメオ・レーシングはリザーブドライバーのマーカス・エリクソンをインディカーを欠場させて待機させていた。

ハースとアルファロメオ、フェラーリの新型F1エンジンを投入

2019年8月31日
F1 フェラーリ
フェラーリのカスタマーであるハースとアルファロメオ・レーシングは、F1ベルギーGPでアップグレード版のエンジンを投入。スクーデリア・フェラーリはおそらく次戦F1イタリアGPで新しいエンジンを投入するとみられる。

ハースF1チームは、ケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンの2台に新しいユニットを投入したが、アルファロメオ・レーシングはアントニオ・ジョビナッツィのみに投入された。

キミ・ライコネン、左足の肉離れでマーカス・エリクソンが待機

2019年8月30日
F1 キミ・ライコネン アルファロメオ・レーシング
キミ・ライコネンは、足を負傷したことでアルファロメオ・レーシングがマーカス・エリクソンをF1ベルギーGPで待機させていると説明した。

キミ・ライコネンは、夏休みにスポーツをしているときに左足の肉離れを起こし、アルファロメオ・レーシングのリザーブドライバーを務めるマーカス・エリクソンは今週末のインディカーを欠場して、F1ベルギーGPが開催されるスパ・フランコルシャンへとやってきた。

マーカス・エリクソン、インディカーを欠場してスパに帯同で憶測

2019年8月29日
F1 マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、今週末ポートランドで開催されるインディカーを欠場して、F1ベルギーGPでアルファロメオ・レーシングに帯同。様々な予測を生んでいる。

昨年、ザウバーのシートを喪失したマーカス・エリクソンは、今季からインディカーに転向。アロー・シュミット・ピーターソン・モータースポーツから参戦して、デトロイトで初表彰台を獲得し、現在ランキング17位につけている。

アルファロメオF1 「キミ・ライコネンとの関係は“パーフェクト”」

2019年8月28日
F1 キミ・ライコネン アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、キミ・ライコネンのコミットメントと熱心な関与のおかげで彼との関係が“パーフェクトに機能している”と語る。

シャルル・ルクレールのフェラーリ加入は初年度の勢いを考えれば驚きではなかったが、38歳のキミ・ライコネンがザウバー/アルファロメオと2年契約を結んで現役を続行したことには多くの人々が不意を突かれた。

アルファロメオF1、カルデロンとコレアにプライベートテストの機会

2019年8月23日
F1 アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングは、今週末にポール・リカールでプライベートテストを実施し、テストドライバーのタチアナ・カルデロンと開発ドライバーのファン・マニュエル・コレアに2013年F1マシン『C32』で走行する機会を与える。

アメリカ出身のファン・マヌエル・コレア(20歳)は、アルファロメオ・レーシングの開発ドライバーを務めており、今年のF2にザウバー・ジュニアチーム・バイ・チャロウズから参戦している。F1マシンでの走行は今回が初めてとなる。

キミ・ライコネン 「ポイント数はアルファロメオの実力を反映してない」

2019年8月18日
F1 キミ・ライコネン アルファロメオ・レーシング
キミ・ライコネンは、コンストラクターズ選手権でのアルファロメオ・レーシングの合計ポイント数は、今シーズンここまでのチームのパフォーマンスを正確に反映してはいないと考えている。

今年、フェラーリからアルファロメオ・レーシングに移籍したキミ・ライコネンは、前半戦の12レース中8戦でポイントを獲得。7位がベストリザルトとなっている。

ファン・マヌエル・コレア、アルファロメオでF1マシンをテスト

2019年8月16日
F1 ファン・マヌエル・コレア アルファロメオ・レーシング
F2ドライバーのファン・マヌエル・コレアが、8月24日(土)にアルファロメオ・レーシングのプライベートテストでF1マシンでの初走行を行うことになった。

アメリカ出身のファン・マヌエル・コレア(20歳)は、アルファロメオ・レーシングの開発ドライバーを務めており、今年のF2にザウバー・ジュニアチーム・バイ・チャロウズから参戦している。

キミ・ライコネン 「レース間に16日酒を飲み続けていた」

2019年8月15日
F1 キミ・ライコネン
キミ・ライコネンは、ロータス時代の2013年にレースの間に16日間連続で飲み続けていたことを明らかにした。

キミ・ライコネンによると、2013年の開幕4戦のうち3レースでトップ2フィニッシュを達成。それを祝ってバーレーンGPとスペインGPの間にチームメンバーと2週間以上パーティーを開催していたという。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム