アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1で失った自信を取り戻した」
アレクサンダー・アルボンは、2020年にレッドブルF1での失敗したスティントで失った自信をどのように取り戻したかを説明した。

アレクサンダー・アルボンは、2019年にレッドブルのセカンドチーム、トロ ロッソ (現在のアルファタウリ) で F1 グリッドに加わり、ルーキーシーズンの途中でレッドブル・レーシングに昇格した。

2020年もレッドブル・レーシングに残ったアレクサンダー・アルボンだったが、チームメイトのマックス フェルスタッペンに対してパフォーマンスを発揮するのに苦労した。

レッドブルは、アレクサンダー・アルボンを2021年にリザーブドライバーの役割に降格させ、アルファタウリブランドのチームでGT3スポーツカーのドイツのDTMシリーズに彼を編成した。その年の9月、アレクサンダー・アルボンはレッドブルとのつながりを維持しながら、2022年にウィリアムズでのF1復帰を確保した。

F1復帰シーズンの後半に、アレクサンダー・アルボンはウィリアムズのF1ドライバーとして長期的な将来を保証する複数年契約にサインした。アルボンは最終的な2022年シーズンの目標だったと明らかにsた。

「正直なところ、F1に戻ったときに一番欲しかったのは、F1にとどまることだった」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「非常にばかげたことのように聞こえるかもしれないけど、本当だ」

「1年契約では、もう1年の保証はない。そして、ボックスはしっかりとチェックできたと言っておこう」

アレクサンダー・は、レッドブルでの1年半の後、自信を取り戻したと語った。

「自分自身に関して言えば、運転してハンドルを握って自信を取り戻すという点では、基本的に車のリズムに乗って、自分が限界をコントロールしているように感じている。実際に少し取り戻すことができたと感じている」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「2020年シーズンの終わりに向かって自身を少し失っっていた。DTMカーを運転しているときは、まったくの別物だ。自分がどこにいるのかを正確に測定することはできない」

「今は本当にうまく運転できていると感じている。その多くはクルマへの自信にかかっているし、それにも成功したように感じている」

今年、アレクサンダー・アルボンは3ポイントを獲得してドライバーズランキングで19 位に位置しており、ウィリアムズF1の総ポイント数の半分に貢献している。

「今年は良い仕事をしたと感じているし、自分ができることを証明したと感じている」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「もちろん、まだ前進し、良い結果を出し、チームに印象を与え、僕ができることを示したいと思っている」

「でも、今年は、1年いなかったことなどすべてのことを考慮すれば、ポジティブな年だったと感じている。思っていた以上に上手くいった気がしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / レッドブル