F1:アレクサンダー・アルボン 「フェルスタッペンの僚友にプレッシャーが伴うという説は神話」
アレクサンダー・アルボンは、3年で3人もチームメイトが変わっていることで、マックス・フェルスタッペンのチームメイトになることにはさらなるプレッシャーが伴うという主張を否定した。

アレクサンダー・アルボンは、一時的にレッドブル・レーシングでマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めた。2019途中に成績不振のピエール・ガスリーに代わってチームに加入した。

しかし、翌年の終わりに、アレクサンダー・アルボンは、自分自身がレッドブルによってドロップされたドライバーリストでピエール・ガスリーに加わった。アルボンのシートはセルジオ・ペレスの手に渡った。

だが、セルジオ・ペレスはまた、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてパフォーマンスを発揮することに苦労しており、フェルスタッペンの結果に匹敵することはできていない。だが、ピエール・ガスリーやアレクサンダー・アルボンとは異なり、少なくともレッドブル・レーシングのドライバーとして勝利を収めている。

チームメイトが期待に応えるのに苦労し、そして、しばしば失敗することで、マックス・フェルスタッペンのパートナーであるということは、プレッシャーのかかる仕事であるという主張に繋がった。

アレクサンダー・アルボンはそういった通説を否定。他のレースの仕事ほどプレッシャーはないと言った。

「正直なところ、プレッシャーに関するすべての話はちょっとした神話だ」とアレクサンダー・アルボンは Motorsport-Total.com に語った。

「肝心なのは、ドライバーが自分自身にプレッシャーをかけているということだ。それは自分から来ているものだ」

しかし、アレクサンダー・アルボンは、メディアが状況を報じることは役に立たないと語る。

「メディアはそこではるかに攻撃的だ」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「まだパフォーマンスを発揮し、仕事を上手くこなすためにそこにいる。だから、DTMで運転するとき、自分自身にうまくやらなければならないというプレッシャーをかけている」

2020年の終わりにF1レースのシートから脱落したアレクサンダー・アルボンは、レッドブルF1のリザーブドライバーとして維持され、レッドブルの支援を受けながらDTMに参戦。1勝を挙げてランキング6位につけている。

だが、DTMマシンで好成績を残すことは、F1にとってはあまり意味のないことだとアレクサンダー・アルボンは語る。

「F1では好きなだけドライブできない。F1にはテストデーはほとんどない。これまでのところ、今年は3日あった」

「でも、GTカーはF1カーとは異なる。DTMで優れていたとしても、それはF1にとって何の意味もない。もちろん、レーシングドライバーとして、どこでも優れていたいとは思うけどね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / マックス・フェルスタッペン