アレクサンダー・アルボン 「メディアがウィリアムズF1との契約の一番の後押しになった」
2022年にF1復帰が決定したアレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズF1との契約において、メディアが“他の誰よりも後押ししてくれた”と考えている。

ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1でルイス・ハミルトンのチームメイトになることが公然の秘密となっていた時期、注目を集めたのはバルテリ・ボッタスがどこに移籍するのか、そして、誰がウィリアムズの空席を勝ち取るかだった。

候補者には、最終的にはアルファロメオ移籍が決定したがウィリアムズでF1デビューを果たしたバルテリ・ボッタス、フォーミュラEチャンピオンのニック・デ・フリース、元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグとダニール・クビアト、中国マネーがバックについている周冠宇などが候補に挙げられていた。

そして、ウィリアムズが選んだのはアレクサンダー・アルボンだった。レッドブルF1のリザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンの名前が出てきたのは比較的遅かったが、F2時代のチームメイトであるニコラス・ラティフィと再びタッグを組むことになった。

アレクサンダー・アルボンは、メディアがウィリアムズF1のシートを獲得するのを助ける役割を果たしたと語る。

「正直、皆さんが他の誰よりも後押ししてくれたと思っている」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「僕サイドでも話し合っていたけど、他の名前が言及されていた。同時に、僕はまだそこに選択肢があることを確認していた」

「もちろん、物事は急速に進んだ。ジョージがメルセデスに移籍し、バルテリがアルファに移籍する可能性があるというニュースが出たとき、それはおそらく真実だった。物事はかなり素早く回っていた」

「それよりも前にヨースト(カピト)やウィリアムズと話し合っていたけど、ちょうどその時に(自分の名前が)報じられた。クリスチャン(ホーナー)と(ヘルムート)マルコからも多くの助けを得ていた」

しかし、アレクサンダー・アルボンのF1復帰は、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフによっても打ち砕かれた。ヴォルフは、アルボンとレッドブルとのつながりに満足していなかった。

アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズF1との契約の細かい点と背景の話については詳しく説明することは望んでいないと語る。

「正直、それについてはあまり詳しく説明したくはない」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「そういった物事が起こることのは避けられないと思う。でも、すべてがうまくいったことを知っているのは素晴らしいことだ」

ウィリアムズF1に加入したかった理由について、アレクサンダー・アルボンは次のように述べた。

「ウィリアムズで真っ先に目が行くのは、彼らが上昇気流に乗っているように見えることだ。彼らは投資を受け入れている」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「チームを訪問する機会もあったけど、誰もが非常にポジティブで楽観的だと思う」

「彼らは僕と話をし、これを実現することに関与することに非常に熱心だった。グリッドに戻るのは素晴らしい選択のように思えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / レッドブル