アレクサンダー・アルボン 「ウィリアムズF1は上昇気流に乗っている」
アレクサンダー・アルボンは、上昇気流に乗っているウィリアムズF1のシートが常に2022年の最優先事項だったが、F1復帰が実現しなかった場合、インディカーに目を向けていただろうと明かす。

アレクサンダー・アルボンは、2022年にメルセデスに移籍するジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズに加入し、F1復帰を果たす。

以前、レッドブルは、2022年のアレクサンダー・アルボンのF1復帰についてウィリアムズとアルファロメオの両方と話し合いが行われていたことを明かしている。

アレクサンダー・アルボンは、セルジオ・ペレスにレッドブル・レーシングのレースシートを失った後、2021年をレッドブルのテスト兼リザーブドライバーとして過ごしてきた。

「ウィリアムズで真っ先に目が行くのは、彼らが上昇気流に乗っているように見えることだ。彼らは投資を受け入れている」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「チームを訪問する機会もあったけど、誰もが非常にポジティブで楽観的だと思う」

「彼らは僕と話をし、これを実現することに関与することに非常に熱心だった。グリッドに戻るのは素晴らしい選択のように思えた」

アレクサンダー・アルボンは夏休みにインディカーのインディアナポリスでのロードコースイベントを訪れて選択肢を評価していたが、シリーズが魅力的な目的地であることを認めた。

「当時のインディカーはフォーミュラEよりも僕を惹きつけたね」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「レースを見るためにインディアナポリスに行ったし、そうしたかった。ロマン(グロージャン)ともおしゃべりをして、エキサイティングなものに映った。でも、僕の最優先は常にF1だった」

「それについてのもう一つのことは、F1が他のシリーズと比較してかなり遅れて決定が下されるので、待つことができた」

「F1のシートとムーブメントとミュージカルチェアがまだ起こっている間、オプションをオープンなままにしようとするのは、かなりトリッキーなバランスだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ