アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1のシート獲得にメルセデスの壁
アレクサンダー・アルボンは、2022年のF1復帰に近づいており、ウィリアムズのドライバー候補リストのトップにいるとされているが、そこにはエンジンサプライヤーであるメルセデスという壁が立ちはだかっている。

キミ・ライコネンのF1引退が発表され、バルテリ・ボッタスのアルファロメオ加入、ジョージ・ラッセルのメルセデス昇格はほぼ決定的になったと考えられている。

現在、ウィリアムズでジョージ・ラッセルのチームメイトを務めるニコラス・ラティフィは2022年も残留することは確実視されており、もうひとつのウィリアムズの空席は激しい争奪戦が予想されている。

今年の夏の初め、ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、ジョージ・ラッセルがチームを離れる可能性が高い場合に備えて、2022年のための潜在的なドライバーの長いリストがあると語っていた。

しかし、イタリアのメディア報道によると、現在、アレクサンダー・アルボンが、ウィリアムズのジョージ・ラッセルの空席を埋めるのに最有力候補だと伝えている。

先週のF1ベルギーGPに先立ち、レッドブル・レーシングはセルジオ・ペレスとの契約を延長したと発表。アルファタウリはおそらく2022年のドライバーとしてピエール・ガスリーと角田裕毅の続投をまもなく発表すると考えられている。

その場合、必然的にアレクサンダー・アルボンはレッドブル・ファミリーで再び居場所を失うことになる。だが、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アルボンために「F1のオプションを検討している」と語っている。

「アレックスはまだチームの重要な部分だ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼は今年重要な役割を果たしており、今後もその役割を果たしていく。来年の彼のためにF1に選択肢があるかどうかを検討しているところだ。だが、彼がレースシートにいない場合、彼は今年我々のために行っていることと同じ役割を果たす」

アレクサンダー・アルボンのウィリアムズF1への移籍が確認された場合、レッドブルとの個人的な関係の終わりを意味するかどうかは不明だ。

アレクサンダー・アルボンがレッドブル・ファミリーにとどまる場合、メルセデスのパワーユニットに関する情報への貴重なパイプラインと見なされる可能性があるため、ウィリアムズへの移籍はメルセデスによって嫌われる可能性がある。

レッドブルに戻ってきた知識は、ホンダのエンジンを来シーズンからミルトンキーンズの社内に持ち込む独自のエンジンプログラムに役立つ可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ