レッドブルのF1シート喪失のアルボン 「2022年にF1グリッドに戻ることを誰よりも望んでいる」
アレクサンダー・アルボンは、レッドブル・レーシングのF1シートを失った失望から立ち直ることを目指しており、万が一の場合に備えて今年走るための準備を整えながら、2022年にシートを取り戻してF1グリッドに戻る決意を固めていると語る。

昨年、レッドブル・ホンダのF1ドライバー務めたアレクサンダー・アルボンだったが、レッドブルはアルボンが2021年のメルセデスF1との戦いのために必要なものを提供したかったと判断し、新たにセルジオ・ペレスと契約した。

だが、アレクサンダー・アルボンは2021年のレッドブルのテスト兼リザーブドライバーとして保持されとえり、再びチャンスを得るにふさわしいことを上司に納得させることに完全に焦点を合わせている。

アレクサンダー・アルボンは、レッドブル・レーシングのF1ドライバーから外された傷はすぐに乗り越えたとし、今は2022年にレッドブルもしくはアルファタウリにF1グリッドに復帰することに完全に集中していると語る。

レッドブル・レーシングのF1ドライバーを外されたことにどのように対処したかと質問されたアレクサンダー・アルボンは「失望したよ。これは僕の夢なので、どうしたって失望すると思う」と語る。

「でも、すぐに自分自身を気の毒に感じていても意味はないという考えになった。そこに戻って、取り戻すためにできる限りのことをやらなければならないとね」

「もちろん、僕の目標は来年シートに戻ることだ。今年のためにも準備を整えている。フィットネスや新型コロナウイルスの観点から何が起こるかわからないらかね」

「この冬は、できる限り準備をして、できる限り体調を整え、シミュレーターなどすべての作業を確実にこなそうと思ってきた。もちろん、タイヤテストなどでドライブできる日が数日あることを願っているのは確かだ」

アレクサンダー・アルボンは、ジェットコースターのキャリアに耐えてきた。16歳のときにレッドブルもジュニアプログラムから外されたが、2019年にトロロッソのF1ドライバーとして復帰を果たし、わずか12レースでレッドブル・レーシングに昇格した。

どのようにポジティブなマインドを保っているかと質問されたアレクサンダー・アルボンは「自分のレースのキャリアの中で何度もこのような状況を経験してきたので、それほど厳しい状況ではなかった。バックでバイオリンは鳴っていなかった」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「自分に自信がある。僕は跳ね返ることができることを知っている。そして、それが僕の目標だ」

アレクサンダー・アルボンは、良い仕事をすれば2022年に戻るチャンスがあることはわかっているとし、レッドブル・レーシングで起こったことについてネガティブになっていても何も達成できないと語る。

「それは幼い頃から自分が持っているものだ。もっと良いチャンスを得るために今何ができるか? 自分にとって有益なことは何か? 傷心に浸っていても、それはドアを開けるために何もしていない、シートを取り戻すために何もしていないというのが僕の考え方だ」とコメント。

「だから、非常に素早く『最高のチャンスを得るためにドライバーとして何ができるか?』というポジションに自分を置く必要があると思う。そして、僕にとって、それは明らかにそれにすぐに立ち直ることであり、ネガティブになることではなかった」

アレクサンダー・アルボンは、最初のシーズンはチームに着実に感銘を与えたが、昨年の順位ではチームメイトで3位だったマックス・フェルスタッペンに109ポイント差の7位にとどまった。

レッドブルは、17戦のシーズンを通してアレクサンダー・アルボンとの信頼関係を維持したが、最終戦F1アブダビGPのわずか5日後にセルジオ・ペレスとの契約を発表した。

「僕にとって困難なシーズンだったことは秘密ではないし、それを受け入れる必要がある」とアレクサンダー・アルボンは付け加えた。

「彼らが選択を遅らせたことで、決定は遅れた。今年がどのように進んだかを見るためだった。今年の僕の最高のレースはアブダビだった。自分はまだ改善しているように感じた」

アレクサンダー・アルボンは、2022年にレッドブルの上層部に自分がレースシートを獲得するにふさわしいことを説得するためにF1カーで走る機会は何も保証されていないが、DTMで結果を出すこと、そして、チームが継続的に自分を信頼してくれていることだけで、やってみる価値はあると信じていると語る。

「もちろん、何かが起こらない限り、実際に走ることはない」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「僕にはDTMの仕事があるし、そこでできる限りのことをしたいと思っている。それに加えて、チームは僕が何ができるかを知っている」

「正直に言って、彼らが僕を信じていなかったら、彼らは僕を追い払っただろう。だから、僕サイドでは、彼らがまだ僕を信頼していること、彼らはまだ僕にできることを信じてくれていることを知っている。とにかく、僕たちは今年物事をどのようにしてうまく進められるかに目を向けなければならない」

アレクサンダー・アルボンは、F1に戻るチャンスがあるならば、集中して最善の仕事をしなければならないことは分かっていると語り、一度は外されたレッドブルのプログラムに戻った経験を生かすことができると語る。

「落とされたのは初めてではない。でも、僕が学んだことは、結局のところ、どれだけそれを望むかということだ。僕はグリッド上の誰よりもそれを望んでいると言えるし、多くの決意がある。そして、僕は決して立ち止まらない」

「だから、僕にとっては、とにかく頑張るだけだ。以前、僕はそれを乗り越えた。これまでの努力のおかげで今いる場所にたどり着くことができた。そして、言ったように、僕はあのシートに戻ることを望んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル