アレクサンダー・アルボン 「自分の実力を示すレースはまだ3戦ある」 / レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP 木曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年に苦しいシーズンを送っているが、最後の3戦でチームに感銘を与えることができれば、2021年もF1シートを維持できると感じていると語る。

アレクサンダー・アルボンにとって、F1トスカーナGPで初表彰台を獲得したことを除けばチームメイトのマックス・フェルスタッペンに近づくことは滅多になく、しばしばミッドフィールドのドライバーに喰われる非常に残念なシーズンとなっている。

それによって、レッドブルは、アレクサンダー・アルボンに代えてニコ・ヒュルケンベルグもしくはセルジオ・ペレスを起用するというストーリーに繋がっている。

しかし、アレクサンダー・アルボンは、まだ自分が優れていることを証明する時間はあると語る。

「最終的に自分の能力を示すためにまだ3レースある」とアレクサンダー・アルボンはF1バーレーンGPの木曜記者会見で語った。

「良いレースができることを望んでいる。焦点はその3レースだし、実際に他のことは考えていない。ほとんどの人はプランBを持っているけど、僕のプランはプランA、チームに残ることだ」

「それに焦点を合わせている。それが僕の目標です。言ったように、僕はそれらのレースに焦点を合わせている」

多くの人はセルジオ・ペレスの方がレッドブル・ホンダのF1シートに相応しいと感じている。

セルジオ・ペレスは、2021年にレッドブル・ホンダのF1シートを手に入れることができなければ、1年間、完全にレースから離れることになるだろうと語っている。

「他のほとんどのドライバーは引退し、6か月後には怒り、利用可能なことは何でもしたいと思っています。だから私は見なければなりません。私は人生でそれを経験したことがありません。「選択肢は1つしかない。僕はここに何年もいるし、これからも続けていきたい。キャリアのピークに達していると思う」とセルジオ・ペレスはF1バーレーンGPの木曜記者会見で語った。

「でも、理由があり、計画を立てて、良いプロジェクトを続けていきたい。100%モチベーションを維持できる良いプロジェクトがないのであれば、やめたほうがいいと思っている」

「来年F1シートがない場合は、他のことはしないと思う。自分がやりたいこと、本当にそれを恋しく思っているかを考えることに1年を費やしていくつもりだ」

「他の大部分のドライバーは、引退しても6か月後には気が狂うほど退屈になり、可能なことは何でもしたいという状況になっている。だから、見てみなければならない。人生でそういったことを経験したことがないからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1バーレーンGP