アレクサンダー・アルボン 「ホンダのPUは熱に強く、冷却に優れている」 / レッドブル・ホンダF1 70周年記念GP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPへの意気込みを語った。

先週末にシルバーストンで開催されたF1イギリスGPでは、一時は最後尾まで落ちながらも8位入賞まで挽回したアレクサンダー・アルボン。今週末の2戦目ではタイヤが1段階柔らかくなり、気温の上昇も予想されている。

アレクサンダー・アルボンは、ホンダのF1エンジンは熱に強く、冷却に優れているので、予選ペースを改善できれば、決勝ではメルセデスと戦えることを期待していると語る。

日曜日はタイムペナルティの後、印象的なリカバリードライブでしたね。レースはどうでしたか?
レースはOKだった。マグナッセンとの衝突は、そこからのレースをはるかに難しくした。僕たちはピットストップをして、その後、5秒ペナルティがあったのでトリッキーだったけど、結果としてはまったく悪くなかった。僕たちは本当に良いリカバリーができたし、ペースは強力だったので、フィールドを抜けていくことができた。もちろん、8位は僕たちが望んでいる順位ではないけど、オープニングラップ後に僕たちがどこにいたかを考えれば、それは良いカムバックだった。

同じトラックで連続してレースを行うのは今シーズンで2回目となります。今週末で一番楽しみにしていることは何ですか?
今週末は主にマシンをもっと快適にして、攻略することが重要になってくると思う。ロングランペースは良好だ。とにかくショートランのペースに取り組む必要がある。今週末同じトラックにいるのは良いことだ。学んだこと、取り組む必要があることを直接比較できるからね。先週末に苦労したエリアに焦点を当てて、そこを合わせ込んいくつもりだ

シルバーストンはあなたが運転するのが大好きなトラックですよね。コプスやマゴッツ-ベケッツのようなコーナーをこれらのマシンで走るのはどれくらい楽しいですか?
毎年マシンはどんどん速くなっているので、今回はそれらのコーナーを最も速いタイムで通過することになるかもしれない。巨大なダウンフォースがあるので、一部のコーナーはもはやコーナーではなくなっているし、考えるだけでクレイジーだ。コプス全体を通してほぼ全開だし、マゴッツ-ベケッツは1回リフトするだけだ。それによって、ある意味現在のスピードになっている。

日曜日のレースではタイヤが重要なポイントであることがわかりました。今週末は何に気をつけますか?
タイヤは間違いなく話題になっている。2週目は3つのすべてのタイヤが柔らかいコンパウンドになるし、ハードタイヤがなくなり、ミディアムコンパウンドが週末で最も硬いタイヤになる。だから、私たち全員が様々な戦略を試してことになると確信している。実際には厳しいものになるだろうし、今週末はより戦略的なレースになるだろう。コンパウンドの変更が僕たちに合っているかどうかはわからないけど、僕たちはタイヤにかなり慣れているので、うまくやれる可能性はあると思う。僕たちはそのような問題に苦しんでいない数少ないチームの1つだ。

今週末は天候がずっと暖かくなります。それが有利に働くと思いますか?
僕たちはタイヤをうまく使えているし、ホンダは熱とPUの冷却に優れているので、日曜日に僕たちには強力なパッケージがあると思う。土曜日にもう少し仕事をする必要があるだけだと思っている。それができれば、今週末は良い仕事ができると確信している。それでも、僕たちは自分自身に焦点を当て、改善する必要があるエリアに取り組む必要がある。今週末は気温が高くなりそうなので、メルセデスは僕たちに近くなるはずだ。彼らと戦えることを期待している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP