アレクサンダー・アルボン 「常に最高レベルにいる必要がある」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、チームで自分を証明するのは大変な挑戦だと考えており、特にマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして常に最高レベルのパフォーマンスを発揮しなければならないと語る。

2019年はアレクサンダー・アルボンにとってまさにジェットコースターのような一年だった。シーズン序盤にはF1マシンを運転すらしていなかったアルボンだが、トロロッソで頭角を現すと、夏休みからはピエール・ガスリーに代わってレッドブル・ホンダF1のドライバーに抜擢された。

「昨年はそれを信じることができないときもあったけど、今年、本当にそのレベルにいなければならない」とアレクサンダー・アルボンは De Telegraaf に語った。

「長いブレークの間、チームとレッドブルのエンジニアとたくさん話すことができた。その瞬間、誰もが少しリラックスしているように感じる。レース週末の間、はるかに多くのストレスを感じるからね。このようなチームために走るのは大きな責任だ」

アレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンの隣にいることが相応しいことを証明する必要があるが、それは簡単なことではない。

「マックスはとても速いので、いつも最高のレベルにいる必要がある。でも、僕はこれをチャンスだと思っている。クリスチャン・ホーナーが彼について話しているように、今の僕は世界で最高のドライバーの1人から学ぶことができる。なぜ彼はそんなに速いのか、どのようにして彼のタイヤをとてもうまく扱えるのかなどを間近で見ることができる」

アレクサンダー・アルボンはイギリスで育ったが、タイの旗の下に乗ることを選んだ。彼はいつかオランダと同じくらい多くのF1ファンがタイにいることを望んでいると語る。

「マックスと一緒にオランダに行ったとき、みんながとてもポジティブだった。あそこにいる全員がF1ファンのような感じた。タイでもどんどん増えてきているし、僕の目標は他の国と同じくらいF1人気を大きくすることだ」

アレクサンダー・アルボンは、最初にもう1つの目標を持っている。短期的にははるかに達成可能なこと、レースに勝つことだ。オーストリアでは勝利には近づいたアレクサンダー・アルボンだったが、ルイス・ハミルトンとの接触によってそのチャンスは潰えた

「今後、他の何かするつもりはないし、自分のアプローチを変えるつもりもない」とアレクサンダー・アルボンは締めくくった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1