「アルボンにとって2020年は初めての本物のチャンス」と元F1ドライバー / レッドブル・ホンダ
元F1ドライバーのカルン・チャンドックは、レッドブル・ホンダで完全な冬の準備を行ったアレクサンダー・アルボンにとって、2020年はF1での“初めての本物のチャンス”になると語る。

元々、アレクサンダー・アルボンは2018/19年シーズンのフォーミュラEに日産e.damsから参戦することになっていたが、2019年にトロロッソからF1に参戦するために契約は解消された。

シーズン序盤に安定したパフォーマンスを発揮したアレクサンダー・アルボンは、夏休み後からレッドブル・ホンダに昇格を果たした。

アレクサンダー・アルボンは、シーズン途中でのレッドブル・ホンダへの移籍は“振出しに戻った”ような感覚だったと認め、今年はようやくフルシーズンに向けて準備をする機会を得られると語っている。

「アレックス(アルボン)の激動のシーズンを忘れてはならない」とカルン・チャンドックは Autosport International Show で語った。

「トロロッソとの契約は遅れ、半年後にトップチームのマシンに乗せられた」

「そして、この世代で最も強力なドライバーのひとり(マックス・フェルスタッペン)と一緒に走り、パフォーマンスを発揮しなければならないという大きなプレッシャーがあった」

「だから、2020年にアレックスはF1で初めて本物のチャンスを得ることになるだろう」

マックス・フェルスタッペンは、F1グリッドで最速のドライバーであることを証明しているが、カルン・チャンドックはアレクサンダー・アルボンがフェルスタッペンにどれだけ近づくことができるかに興味をそそられていると語る。

「バッテリーを充電し、準備を整えるために完全な冬を過ごしたことで、彼はこれからどのようなものを示すことができるだろうか」とカルン・チャンドックは語る。

「彼は非常に優れたドライバーであり、チームも彼のことを知り、彼もチームのことを知っている。彼がマックス・フェルスタッペンにどれくらい近づけるか興味をそそられている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1