アレクサンダー・アルボン 「平凡な予選。満足のいく結果ではない」 / レッドブル・ホンダ F1アブダビGP 予選
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1アブダビGPの予選を6番手で終了。決勝は5番グリッドからのスタートとなる。

「僕にとっては平凡な予選となってしまった。満足のいく結果ではない。Q1の最初から苦戦して、十分な力を発揮できなかったのでフラストレーションが溜まっている。予選は路面がスリッピーで難しかったけど、明日の決勝は問題ないと思う」」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「メルセデスはアブダビで速いので、明日は手強い相手になるだろう。ボッタスは後方から追い上げてくると思うので、僕たちはいいスタートを切らなければならない。タイヤの消耗が激しそうなのでミディアムタイヤでスタートすることにした。そんな中でベッテルはソフトタイヤでスタートするので、どうなるか楽しみだ。明日の決勝は全力で取り組み、いい結果を残したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1アブダビGP